ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2016年3月14日月曜日

神から答えを得るための四つの道バイリンガル

Four way to get  answers from God

祈っている事柄について神からの答えを得ることを全ての神の子供達は待ち望んでいる。
All children of God are waiting to get an answer from God about what you are praying.

しかし、満額の神からの答えを得るものは少ない。
However, few of them get an answer from God of the full amount.

答えを得なかったとしてある者は神を疑い、不信に陥る。
Any person who is a suspect God did not get an answer,
and he fell into disbelief.

自らの生き方を回顧せず、高慢になり神を非難する。
Do not look back on his own way of life, condemn the Lord God is his own pride.

祈りが答えられる為の神の定めを正しく知る事が今神の子供達に必要である。
God's children need to know right now is that the ordinance of God for answered prayer.

「わたしの名をもってとなえられるわたしの民が、もしへりくだり、祈って、わたしの顔を求め、その悪い道を離れるならば、わたしは天から聞いて、その罪をゆるし、その地をいやす」(2歴代誌7:14)。
“ If My people who are called by My name will humble themselves, and pray and seek My face, and turn from their wicked ways, then I will hear from heaven, and will forgive their sin and heal their land.”(2 Chronicles 7:14)

第一の道 1:謙ること
The first way1:Condescension

高慢は最大の罪である。
Pride is the greatest sin.

天使長ルシュファーは神のようになろうとして高慢になり神により地に落とされた。
Rushufa archangel become pride as will become like God, was dropped on earth by God.

エジプトの王パロはモーセと主なる神の前で高慢になり目の前で自分の長子を失い、全てのより抜きの兵士と戦車を紅海で失った。
Pharaoh king of Egypt will be pride in front of Moses and the Lord God, lose in front of his firstborn, he lost in the Red Sea the strongest of all soldiers and Chariots.

ヘロデが王の服を着けて座に着き、演説をすると、集まった人々は、「神の声だ。人間の声ではない」と叫び続けた。するとたちまち、主の天使がヘロデを撃ち倒した。神に栄光を帰さなかったからである。ヘロデは、蛆に食い荒らされて息絶えた(使徒業伝12:21~23)。
Herod, arrayed in royal apparel, sat on his throne and gave an oration to them.  And the people kept shouting, “The voice of a god and not of a man!”  Then immediately an angel of the Lord struck him, because he did not give glory to God. And he was eaten by worms and died.(Acts12:21~23)

人の心の高ぶりは滅びにさきだち、謙遜は栄誉にさきだつ。(箴言18:12)
Before destruction the heart of a man is haughty,
And before honor is humility.(Proverbs 18:12)

「神は、高慢な者を敵とし、謙遜な者には恵みをお与えになる」からです。」(1ペテロ5:5)
“God resists the proud,But gives grace to the humble.”
(1 Peter 5:5)

敵である悪魔は「神は偽り者だからお前の祈りを聞かれないのだ」と囁いて、神に不信の罪を犯させようとする。

The eneme Satan whispered to the children of God  "Because God is a liar, He does not hear the prayers of you," and trying to commit the sin of disbelief in God.

主イエスは疑い深いトマスに「信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」「見ないのに信じる人は、幸いである。」

と言われた。(ヨハネ20:2729)
The Lord Jesus said to doubting Thomas “Do not be unbelieving, but believing.” ”Blessed are those who have not seen and yet have believed.”(John 20:27,29)

無条件にすべての事柄に神の主権を認めて身を低くする事が大切である。
It is important to recognize the sovereignty of God in all things unconditionally, to lower heart before God.

第二の道 2:失望しないで祈り続ける、祈り尽くし、祈りを貫徹すること
The second way 2:Do not be disappointed praying, praying that exhaustively, carry through the prayer

主イエスは失望せずに常に祈るべきことを人々に教えられた。「ある町に、神を恐れず、人を人とも思わぬ裁判官がいた。ところが、その同じ町にひとりのやもめがいて、彼のもとにたびたびきて、『どうぞ、わたしを訴える者をさばいて、わたしを守ってください』と願いつづけた。彼はしばらくの間きき入れないでいたが、そののち、心のうちで考えた、『わたしは神をも恐れず、人を人とも思わないが、このやもめがわたしに面倒をかけるから、彼女のためになる裁判をしてやろう。そしたら、絶えずやってきてわたしを悩ますことがなくなるだろう』」。そこで主は言われた、「この不義な裁判官の言っていることを聞いたか。まして神は、日夜叫び求める選民のために、正しいさばきをしてく ださらずに長い間そのままにしておかれることがあろうか。あなたがたに言っておくが、神はすみやかにさばいてくださるであろう。」(ルカ18:1〜8)

Then He spoke a parable to them, that men always ought to pray and not lose heart, 2 saying: “There was in a certain city a judge who did not fear God nor regard man. 3 Now there was a widow in that city; and she came to him, saying, ‘Get justice for me from my adversary.’ 4 And he would not for a while; but afterward he said within himself, ‘Though I do not fear God nor regard man, 5 yet because this widow troubles me I will avenge her, lest by her continual coming she weary me.’”6 Then the Lord said, “Hear what the unjust judge said. 7 And shall God not avenge His own elect who cry out day and night to Him, though He bears long with them? 8 I tell you that He will avenge them speedily. (Luke18:1~8)

主は祈りの真髄を教えられたのである。新共同訳の5節は「あのやもめは、うるさくてかなわないから、彼女のために裁判をしてやろう。さもないと、ひっきりなしにやって来て、わたしをさんざんな目に遭わすにちがいない」とある。

The Lord has taught the essence of prayer.”Yet because this widow troubles me I will avenge her, lest by her continual coming she weary me.”

うるさくてかなわない祈り、御父の御前にひっきりなしにやって来る祈り手の祈りは答えられるのだ。

Persistent prayer noisy,prayers of those who pray keep coming all the time in the sight of the Father can answer it.

妻は結婚の為に10年、父の救いの為に20年、母の救いの為に40年祈り答えられた。

Wife for 10 years of marriage,20 years for the salvation of the Father,pray for the salvation of the mother 40 years, were answered.

一週間とか一ヶ月とか1年祈って諦めたというのは余りにも早計過ぎると言える。

I hope to give up one week or one month or one year is too premature.
朝も昼も夜も祈ろう。
We shall pray morning, noon and night.

「たとえ、遅くなっても、待っておれ。それは必ず来る、遅れることはない。」(ハバクク 2:3)

Though it linger, wait for it; it will certainly come and will not delay.(Habakkuk 2:3)

「夕べも朝も、そして昼も、わたしは悩んで呻く。神はわたしの声を聞いてくださる。」(詩編55:17)

Evening and morning and at noon I will pray, and cry aloud,And He shall hear my voice.(Psalm 55:17)

神の約束を根拠に祈ろう。(詩篇  119: 147)

Let us pray that the basis of the promise of God.(Psalms119:147)

「だから、言っておく。祈り求めるものはすべて既に得られたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになる。」(マルコ11:24)

Therefore I tell you, whatever you ask for in prayer, believe that you have received it, and it will be yours.(Mark 11:24)

「わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜しまず死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか。」(ローマ8:32)

He who did not spare his own Son, but gave him up for us all—how will he not also, along with him, graciously give us all things?(Romans 8:32)

何事でも神の御心に適うことをわたしたちが願うなら、神は聞き入れてくださる。これが神に対するわたしたちの確信です。(ヨハネ5:14)

And this is the confidence that we have in him, that, if we ask any thing according to his will, he hears us:(1 John 5:14)

「見よ。わたしは、すべての肉なる者の神、主である。わたしにとってできないことが一つでもあろうか。」(エレミヤ32:27)

“I am the Lord, the God of all mankind. Is anything too hard for me?”(Jeremiah 32:27)
「主に不可能なことがあろうか。」(創世記18:14)

“Is anything too hard for the Lord?”(Genesis 18:14)

「わたしを呼べ。わたしはあなたに答え、あなたの知らない隠された大いなることを告げ知らせる。」(エレミヤ33:3)

‘Call to Me, and I will answer you, and show you great and mighty things, which you do not know.’( Jeremiah 33:3)

「また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。」(マタイ18:19)

 “Again, I tell you that if two of you on earth agree about anything you ask for, it will be done for you by my Father in heaven.”( Matthew 18:19)

「信じて祈るならば、求めるものは何でも得られる。」(マタイ21:22)

“ If you believe, you will receive whatever you ask for in prayer.”(Matthew 21:22)


「あなたの口を広くあけよ、わたしはそれを満たそう。」(詩編81:10)

“Open wide your mouth and I will fill it.”(Psalm 81:10)

神は人ではないから、偽ることはない。人の子ではないから、悔いることはない。言われたことを、なされないことがあろうか。告げられたことを、成就されないことがあろうか。(民数記23:19)

God is not a man, that he should lie; neither the son of man, that he should repent: has he said, and shall he not do it? or has he spoken, and shall he not make it good?
(Numbers 23:19)

第三の道 3:主の御顔を慕い求めること

The third way 3:Yearn to seek the face of the Lord

心よ、主はお前に言われる「わたしの顔を尋ね求めよ」と。主よ、わたしは御顔を尋ね求めます。(詩編27:8)

When You said, “Seek My face,” My heart said to You, “Your face, Lord, I will seek.”(Psalm 27:8)

親は子供と真剣に話すとき子供の顔を見ながら話す。

Parents speak face to face children when speaking children and seriously.

子供の顔が他のものに向いていたら「私の顔を見て話しなさい」と言うことだろう。

Said the child's face was facing the others as "Tell me look at my face."

相手の顔を真剣に見ながら話すと相手の思いや考えや願いが判ってくる。

Talking seriously looking at the face of the opponent, the other party's thoughts and plans and wishes have been found.

また主が正しい事は何か、良いとされる事は何かを理解することができる。

Also, what is the right thing to see that God, something that God is good we are able to understand.

あなたは主が見て正しいとし、良いとされることを行わなければならない。そうすれば、あなたはさいわいを得、かつ主があなたの先祖に誓われた、あの良い地にはいって、自分のものとすることができるであろう(申命記 6章 18節)。

And you shall do what is right and good in the sight of the Lord, that it may go well with you, and that you may go in and take possession of the good land that the Lord swore to give to your fathers(Deuteronomy 6:18)

モーセは主なる神と顔と顔を合わせて話すことができた。

Moses was able to talk face to face with the Lord God.

モーセは主なる神のイスラエル人への思いや計画や願いが判ったから 神の御心に沿った正しい祈りと願いができた。

Moses could right wish and right prayer along the heart of God, because he was found God’s thoughts and plans and wishes to the people of Israel.

御顔を求める事は健全で礼拝に結びつく(申命記 31:11)。

Seek the face of God that leads to healthy and taken up a child of God worship(Deuteronomy31:11).

そして、その人の祈りは受け入れられる。

And his  prayer is accepted.

彼は神に祈って受け入れられ歓びの叫びの内に御顔を仰ぎ再び神はこの人を正しいと認められるであろう。(ヨブ33:26)

then he prays to God, and is accepted by him,he comes into his presence with joy,and God repays him for his righteo.(Job 33:26)

主の御顔を仰ぐとき魂は満ち足りる(詩編  16:11,17:15)

When the soul is contentment to seek the face of God.(Psalm 16:11,17:15)

なぜうなだれるのか、わたしの魂よなぜ呻くのか。神を待ち望め。わたしはなお、告白しよう「御顔こそ、わたしの救い」と。(詩編43:5)。

Why are you cast down, O my soul?And why are you disquieted within me?Hope in God;For I shall yet praise Him,The help of my countenance and my God.(Psalm 43:6)

第四の道 4:悪い道から離れること

The fourth way4:Away from the road that bad

信じない事は大きな罪の一つに挙げられている(黙示録21:8)。

Unbelieving has been listed as one of the great sin (Revelation21:8).

主の手が短くて救えないのではない。主の耳が鈍くて聞こえないのでもない。むしろお前たちの悪が神とお前たちとの間を隔てお前たちの罪が神の御顔を隠させお前たちに耳を傾けられるのを妨げているのだ。(イザヤ59:1,2)

Surely the arm of the Lord is not too short to save,
nor his ear too dull to hear.But your iniquities have separated you from your God;your sins have hidden his face from you,so that he will not hear.(Isaiah 59:1、2)

わたしのところに帰れ。そうすれば、わたしもあなたがたのところに帰ろう。―万軍の主は仰せられる―(マラキ3:7)

“Return to Me, and I will return to you,”Says the Lord of hosts.(Malachi 3:7)

虚構は神に嫌われる。

Fiction is disliked by God.

純粋で真実な心を神は求められる。

God is asked to mind the pure truth.

パン種は実質を膨らませるものでその中は空気だ。

Leaven in it with what is real is to inflate the air.

「だから、古いパン種や悪意と邪悪のパン種を用いないで、パン種の入っていない、純粋で真実のパンで過越祭を祝おうではありませんか。」(1コリント5:8)

Therefore let us keep the feast, not with old leaven, nor with the leaven of malice and wickedness, but with the unleavened bread of sincerity and truth.(1 Corinthians 5:8)

正しい動機で祈っているかどうか確認しよう。

Let us check whether or not pray at Right motivation.

願い求めても、与えられないのは、自分の楽しみのために使おうと、間違った動機で願い求めるからです。(ヤコブ4:3)

When you ask, you do not receive, because you ask with wrong motives, that you may spend what you get on your pleasures.(James 4:3)

「わたしの戒めに耳を傾けるならあなたの平和は大河のように恵みは海の波のようになる。あなたの子孫は砂のようにあなたから出る子らは砂の粒のように増え」(イザヤ48:18、19)

“Oh, that you had heeded My commandments!
Then your peace would have been like a river,
And your righteousness like the waves of the sea.
Your descendants also would have been like the sand,
And the offspring of your body like the grains of sand;(Isaiah 48:18,19)

「心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」(箴言3:5、6)

”Trust in the Lord with all your heart and lean not on your own understanding;in all your ways acknowledge him,
and he will make your paths straight.”(Proverbs 3:5,6)


ミッション・あどない・いるえ 
代表伝道者 ピーター藤 正信 
Email: MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
http://missionjehovehjireh.blogspot.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿