ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2016年3月15日火曜日

4にまつわる神の恵み

4は日本では死に繋がると忌み嫌われる数字であるが、聖書の世界では神の恵みの十全性を表す▼神の恵みはイエス・キリストを賜った事に表されている。あなたと私に対する神の愛は、全てを受け入れ、全てを信じ、全てを期待し、全てを我慢してくださる神の愛アガペの四つの本質に現れている(第一コリント13章7節)▼モーセの幕屋の入り口に青銅の祭壇は正方形であったが、それは神の罪過に対する裁きをキリストに負わされた事を示していてキリストを通してでなければ誰も神の元に近ずけない事を物語っている▼旧約聖書は律法・歴史書・預言書・詩書に、新訳聖書は福音書・歴史書・書簡・預言書に分けられる▼エゼキエル書の4つの顔の霊的な生き物が出てくる。それは獅子の顔・鷲の顔・人の顔・牛の顔である。それはイエス・キリストを示し、獅子は王を、鷲は勝利者を、牛は罪過のために屠られる生贄を、人は人となられた神の子であることを表している。新約聖書のマタイ・マルコ・ルカ・ヨハネの四つの福音書の記者はそのようにイエス・キリストを描いている▼人類の歴史は族長時代・律法時代・恵みの時代・千年王国の四つあるが、今は恵みの時代で神はあなたと私が神の恵みを溢れるばかり受けて他の人々に流していくよう願っておられるのである。

0 件のコメント:

コメントを投稿