ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2016年3月15日火曜日

孫の唯祝(いのり)1歳8ヶ月が離乳食がうまく進まず脱水症状になり大学病院に入院した▼生まれた時も529gと超未熟児だったので5ヶ月間も乳児の集中治療室で過ごしていた▼やっと両親の愛情たっぷりな生活が落ち着いたところだったが、また孤独で寂しい時を過ごす。妻と面会に行き数時間一緒にいたが、点滴の針の痛さか母親に会えないからかよく泣きまぶたが腫れた▼母親は胃腸炎で二、三日面会に行けず私達祖父母と父親が面会時間ギリギリまで一緒に過ごす▼点滴を受けながらも命に溢れ輝いて泣きながらも動き回っていて、妻と息子である父親と交代で相手をしていても疲れる。いのちは素晴らしい。キリスト者もどんな状況でもキリストのいのちに輝いて生きたいものである。

0 件のコメント:

コメントを投稿