ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2016年3月14日月曜日

予行演習

大地震で東京から栃木方面に歩いて帰宅する予行演習を少しやってみた。
    フィリピンから帰国した夜、マニラからの便が遅れた。京成電車は最終電車に乗れたが、栃木への終電には乗れなった。それで、都内でサウナにでも泊まろうと思ったが、なかなかみつからなかった。
    それならと、始発電車迄歩いてみようと考えた。google mapで調べると東武伊勢崎線草加駅迄四時間足らずで行けることが分かった。休憩を入れても草加駅始発には必ず乗れると思い歩き出した。日光街道に出て千住宮元町から墨堤通りに入り、西新井橋南詰めから尾竹橋通り
入り荒川を渡り毛長川を渡ったら右折して東武伊勢崎線の線路沿いの道に進み谷塚駅を経て草加駅まで走破した。浅草駅から17.5キロメートル、電車なら25分で行ける距離だが実際にリュックと小さな軽い鞄を持って歩けたはいい経験になった。後半足の付け根やくるぶしが痛くなってきた。日頃そんなに歩いてはいないので当然だが、その日はダヴァオ空港までホテルから2.7キロメートル歩いていたので、自分の体力を知る上でも1日うちに20キロを歩くことになったが、良い経験になった。
    読者の参考になれば幸いである。備えあれば憂いなし。

下は浅草駅から草加駅までの地図です。

0 件のコメント:

コメントを投稿