ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2016年3月14日月曜日

思い出のグリングラスの替え歌

思い出のグリングラスの替歌

    この故郷を思い出すような素敵な歌は実は死刑囚のパットマンが死刑執行される直前に作ったものです。
     おそらく彼は獄中でキリストを信じたでありましょう。でも、この曲は天国の喜びや希望が全く感じられないのです。私はこの曲が大好きでサックスでよく演奏します。そこで、天国の希望に満ちた替え歌をつくりました。

懐かしいSweet , Sweet Home of Heaven

 この旅路終われば やがて天国
 もはや死もなく 悲しみもない
 子供の頃より夢見た イエス様共にいる
 懐かしい Sweet , Sweet Home of Heaven
 帰った私を迎えてくれるよ
 懐かしい Sweet , Sweet Home of Heaven

 その天国では母も 父も弟も 
 朽ちない体で 輝いていて
 手をふり「おかえりなさい」と迎えてくれるよ
 懐かしい Sweet , Sweet Home of Heaven

  しかし私はまだ地上で生きている
  死から復活されたキリストと共に
  福音を世界に満たすために働いている
    神の栄光が顕われるその日まで 

 信仰守り 通し 務め果たし尽くせば
 懐かしい Sweet , Sweet Home of Heaven
 帰った私を迎えてくれるよ
 懐かしい Sweet , Sweet Home of Heaven

0 件のコメント:

コメントを投稿