ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2016年3月14日月曜日

最近のいのちの雫

最近のコラム「いのちの雫」をご紹介します。

ロッキー2で主人公が息子に「生まれてきてくれてありがとう」と言った▼弟子に裏切られ真の後継者が息子だと悟り出た言葉だ▼この言葉はすべての人が親に言って貰いたい言葉だ▼どんなに明晰な頭脳の持ち主でも望まれなくて生まれてきたと言われたら生きる力を失う▼貴方は高価で尊く愛しいと神は語る

塩釜港で猛禽が強風に向かい飛んでいた▼神に希望を置く人は鷲のように翼を張って嵐の風に上る事ができると聖書は約束している(イザヤ書40章31節)▼今年も気象に経済に政治に信仰に色々な嵐がやってきそうだが真に歴史を手中に持ち王の心も水の流れの如く変えるお方に魂を据えていこうではないか。

ジョージ・ミューラーが孤児院建築用の広い土地を見つけ地主に売るよう願った▼すると「お前なんかには買えないよ」と言われ「判りました」と言い去った▼見ていたミュラーの知人が地主に「彼が誰か知らないの?彼は祈りに行ったんだよ。あんたの土地は取られるよ」と告げた▼事実土地はミュラーが得た。

私の霊父ロバート・ユーインはどもりだった▼彼が神学生の時、学部長に「私が君なら説教者にはならないよ」との言葉に「私も同感です。が、神には人が不可能なこともでき、道のない所に進路を作られます」と努力し5分要して答えた▼4年後、神の務めに召された彼は瞬時に癒され以後どもらなくなった。

1898年バド・ロビンソンは車にぶつけられ、医者から「複数の骨折があり助からない」と言われた▼友人の葬儀屋が家族に出費がかからないように葬式の世話をすると申し出ると「死にそうなのは私ではない」とバドは答えた▼彼の信仰の告白に神が完全に癒され、それからも長く生きて宣教の働きをした。

1953年五月テキサスを襲った竜巻は118名の命を奪い5千5百万$の財産を破壊した▼事前に神は預言者を教会に送り断食と祈りをさせられた▼結果教会員は誰一人怪我する事もなかった▼某信者がブロック造りの建物の隅にいた。屋根が飛び床の高さ迄ブロックが飛んだが彼は手を挙げ神を賛美していた。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター

0 件のコメント:

コメントを投稿