ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2016年3月14日月曜日

2/5いのちの雫

私の霊父ロバート・ユーインはどもりだった▼彼が神学生の時、学部長に「私が君なら説教者にはならないよ」との言葉に「私も同感です。が、神には人が不可能なこともでき、道のない所に進路を作られます」と努力し5分要して答えた▼4年後、神の務めに召された彼は瞬時に癒され以後どもらなくなった。

1898年バド・ロビンソンは車にぶつけられ、医者から「複数の骨折があり助からない」と言われた▼友人の葬儀屋が家族に出費がかからないように葬式の世話をすると申し出ると「死にそうなのは私ではない」とバドは答えた▼彼の信仰の告白に神が完全に癒され、それからも長く生きて宣教の働きをした。

0 件のコメント:

コメントを投稿