ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2015年11月3日火曜日

モーセの幕屋へのお誘い

    幕屋の学びへのお誘い










「この祭司たちは、天にあるものの写しであり影であるものに仕えており、そのことは、モーセが幕屋を建てようとしたときに、お告げを受けたとおりです。神は、「見よ、山で示された型どおりに、すべてのものを作れ」と言われたのです。」(ヘブル8章5節)

 エリの子らが供物についての定めに反した時、神の定めと秩序は破られました。そのように今日も少なからず神の秩序と定めは教会の中で破られています。私たちは今一度神の定めと秩序を神のことばから確認する必要があります。

 幕屋を通して7つの神の定めを学ぶことができます。7つの用具はそれぞれ重要な神の定めを指し示しています。青銅の祭壇は個々人の訓練のための神の定めを、青銅の祭壇は祭司の歩みと務めについての神の定めを、幕屋は建て方についての神の定めを、備えのパンの台は教理はいかに提供されなければならないかについての神の定めを、金の燭台は教会統治についての神の定めを、香の壇は礼拝についての神の定めを、契約の箱は栄光についての神の定めを学ぶことができるのです。


 「不正を行う者には、なお不正を行わせ、汚れた者は、なお汚れるままにしておけ。正しい者には、なお正しいことを行わせ、聖なる者は、なお聖なる者とならせよ。」(黙示録22: 11節)と言われる末の時代に私たちは生きています。この学びを通して主の聖なる者と言われるに相応しい者と教会も教役者もなっていきましょう。

                    ミッション・あどない・いるえ 
                    代表 伝道者 ピーター藤 正信
                    MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
                    http://missionjehovahjireh.blogspot.com/
                    http://twitter.com/MJJ_PeterFuji

0 件のコメント:

コメントを投稿