ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2013年12月12日木曜日

ミッション・あどない・いるえのご奉仕のご案内とお願いNO2

  父親が先月下旬天の御国に召された。93歳だった。多臓器不全で緊急入院したが重湯を食べれるていどに回復するも肝臓の機能障害が改善せず息を引き取った。
 「われらのすべての日は、あなたの怒りによって過ぎ去り、われらの年の尽きるのは、ひと息のようです」(詩編90:9)の聖句の如く父の思い出もあっという間に過ぎ去っていく。
 私が16歳の時6歳下の弟を交通事故で亡くし、結婚後は娘を流産で、平成元年義父を膵臓癌で、9年前には母を低血圧で、3年前には義母を肺炎で、そして先日父を天に送った。
 愛する家族を次々に亡くし地上に頼れる人はどんどんいなくなり、天のみ国が近くなっていく。しかし、天の国籍と永遠の救いを持っていない人はそこかしこにいる。彼らに福音が述べ伝えられねばならない。その為に私は生かされている。来年から本格的に始まる日本縦断伝道に是非とも奉仕の場を与えて頂きたい。
詳しくは
http://missionjehovehjireh.blogspot.jp/
をご覧ください。


**************************
「あどないいるえクリスチャンセンター」の藤正信先生ご夫妻を、紹介いたします。

 藤正信先生は、小学生から高校生までの期間、ご家族とともに美濃ミッションで教会生活をされました。当時の美濃ミッションには、「ハレルヤバンド」というブラスバンドがあり、教会周辺を讃美歌を演奏して周り、路傍伝道などをしていました。藤先生も小学生の頃から、バンドの一員となり、トランペットをスタートにいろいろな楽器をマスターされました。現在ご夫妻で、音楽伝道者として活躍しておられることは、とても感謝です。
 また前主管者の石黒次夫牧師によりますと、藤先生は小学生の時から、礼拝メッセージをいつも熱心に聞き、克明に記録しておられたそうで、現在の牧会・伝道の準備を幼少の頃からしてこられたことが判ります。
 私にとって藤正信先生は、学校の先輩であるとともに、人生の良き先輩、信仰の先輩であります。今後とも藤先生が、主に与えられた賜物を充分に用いて、各地で福音宣教のために豊かに働かれることを期待し、お祈りさせていただきます。
 
 藤正信先生ご夫妻は、教会・施設・学校などいろいろなところで、人の心に響く讃美歌などの音楽と、人々を真の神様の救いに導く聖書のメッセージを伝える、忠実な主のしもべです。伝道集会、セミナー、キャンプなど幅広く対応しておられますので、機会があればぜひ先生方を招いてくださいますように、ご紹介いたします。

三重県四日市市富田浜町10-4
電話番号059-365-0096
http://www.cty-net.ne.jp/~mmi/
美濃ミッション
主幹代表牧師 石黒イサク
**************************
 
中村榮志師からの推薦状
こちらからご覧ください。
http://missionjehovehjireh.blogspot.jp/search?q=中村榮志師からの推薦状 

**************************
ミッション・あどない・いるえ 代表伝道者 ピーター藤 正信 
栃木県栃木市倭町11-16 〒328-0037 TEL:0282-25-1427 
携帯:080-6562-1427  TEL : 050-3578-1427
Email: MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
https://twitter.com/MJJ_PeterFuji
http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html

0 件のコメント:

コメントを投稿