ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2013年10月26日土曜日

神の家を建て上げる者


起:東京は人形町のリトルワンズミッションチャーチに伺う度にイリエ兄弟の熱いワーシップリードに感激している。会衆を主の臨在の中に導き入れようと自分を主に捧げている姿を主は大いに喜んでおられる。
 今日の聖書の箇所は 歴代誌上  29章1〜9です。拝読します。
 ダビデ王は全会衆を前にして言った。
「わが子ソロモンを神はただ一人お選びになったが、まだ若くて力弱く、この工事は大きい。この宮は人のためではなく神なる主のためのものだからである。わたしは、わたしの神の神殿のために力を尽くして準備してきた。金のために金を、銀のために銀を、青銅のために青銅を、鉄のために鉄を、木材のために木材を、縞めのうの石、象眼用の飾り石、淡い色の石、色彩豊かな石などあらゆる種類の宝石と大量の大理石を調えた。更にわたしは、わたしの神の神殿に対するあつい思いのゆえに、わたし個人の財産である金銀を、聖所のために準備したこれらすべてに加えて、わたしの神の神殿のために寄贈する。建物の壁を覆うためにオフィル産の金を三千キカル、精錬された銀を七千キカル寄贈する。金は金製品のため、銀は銀製品のためであり、職人の手によるすべての作業に用いられる。今日、自ら進んで手を満たし、主に差し出す者はいないか。」
 すると、家系の長たち、イスラエル諸部族の部族長たち、千人隊と百人隊の長たち、それに王の執務に携わる高官たちは、自ら進んで、神殿に奉仕するために金五千キカル一万ダリク、銀一万キカル、青銅一万八千キカル、鉄十万キカルを寄贈した。宝石を持つ者は、それをゲルション一族のエヒエルの手に託して主の神殿の宝物庫に寄贈した。
 民は彼らが自ら進んでささげたことを喜んだ。彼らが全き心をもって自ら進んで主にささげたからである。ダビデ王も民も大いに喜んだ。

承:
 ダビデは神殿建築の願いを持っていたが、神様から止められ息子ソロモンが建てると言われた。それでダビデは自分の殆どの金銀等財産を主の神殿建設の為に捧げた。 更にダビデは民にも資材を捧げることを勧めチャレンジした。 神殿はダビデのものではなくソロモンのものでもなく神御自身のものだからである。すると神に心を動かされた人々は強いられてでなく自分から進んで溢れるばかりの捧げものを持ってきた。1キカルは34、2kg、銀1gは現在77円、金1gは4400円だから、
5500X34,2X4400X1000=8千276億4千万円
10000キカルX34,2kgX1000gX77=263億3千4百万円
9千億円以上それに青銅と鉄や宝石でおよそ1兆円もの金額を家系の長たち、イスラエル諸部族の部族長たち、千人隊と百人隊の長たち、それに王の執務に携わる高官たちが真心からみずから進んで主にささげたのである。その顛末を聖書は王にも民にも喜びが溢れたと記している。神が祝福されたと言うことである。

 転:
1:今日の第一のメッセージ
神の子供たちは教会や神様から恵みを受けるばかりに固執するのではなく与えること捧げることによる祝福を得るように望んでおられる。多くの神のこどもたちは「神さまお金をください」と祈っている。まるで「お恵みください」という乞食のように。しかし、聖書は「与えなさい。そうすれば与えられる」と教えている。
 例話
 私達夫婦は長野県の野尻湖国際村にバンガローと権利を私が神学生の時に与えられた。休みの度に樹を切ったり、整備したり、ベランダを作ったり、冬は子供たちとソリをしたり、祈ったり、夏は教職の方々に使ってもらったりしていた。しかし、充分に楽しめず売ることになった。その譲渡金について主はイリエのルーマニアの孤児院働きのためルーマニアの人々の聖書資金の為に殆ど捧げるよう促されそうした。その後主はフィリピンミンダナオの働きを開かれ何十倍にもしてくださった。

2:第2番目のメッセージ
 クリスチャンの様々な献身によって教会は成り立って行く。 
 教会は牧師のものでもなく長老のものでもなく神のものであり神の子供たち自身である。私達は神の神殿だ。霊には神御自身の霊がお住みになる。魂も肉体も神に贖われ、神に買い取られた。天の御国に移されるまではこの世で主の似姿、キリストの花嫁として整えられて行く。成長し、勝利者となって行かねばならぬ。教会が建て上げられると言うことはその体である兄弟姉妹が建て上げられることだ。御霊の実が実り、聖霊の賜物が研ぎすまされて用いられ、キリストの賜物である働き人が育っていかねばならぬ。クリスチャンは如何に建て上げられるべきか。その一つは主権を主に委ね、自分自身を捧げることだ。デヴォーションとは時間を主に捧げることだ。その朝の僅かな時間だけでなく、自分の能力、より重要な時間、僅かな献金でなく時に何かの為にと思っていたお金を捧げるように求められることもある。アブラハムは25年待ってやっと与えられた約束の独り子イサクを求められ文句一つも言わずすみやかに捧げた。それは誰にもできることではないがそのような心を主は求めておられる。

3:第3番目のメッセージ
 主は心から自分から進んでの献身の現れを求めておられる。
 教会は天の御国で一同に会す普遍の教会もあるが、この世で属しているのは地方教会だ。基督者は皆地方教会に属し神に仕え献身していく存在だ。教会の為に財を、時間を、能力を、賜物を、自らの意思で心から進んで捧げる時に神は祝福してくださる。牧師を支え助け、進んで奉仕の仕事をするとき神は喜ばれる。
 「惜しんでわずかしか種を蒔かない者は、刈り入れもわずかで、惜しまず豊かに蒔く人は、刈り入れも豊かなのです。各自、不承不承ではなく、強制されてでもなく、こうしようと心に決めたとおりにしなさい。喜んで与える人を神は愛してくださるからです。」(2コリント9:6、7)
 旧約時代は十分の一は主のものだから主に捧げよということは神の定めになっていた。その時代に十分の一を捧げないことは罪であり呪われることであった。しかし、今恵みの時代では律法で隷属されてはいない。キリストにあって律法に自由になった。しかし、更に勝った心からの捧げものを主は求めておられる。献身の現れとして。単なるお金ではなく賜物、能力、時間、生涯を主にお捧げすることを主は喜ばれ御自身の必要の為に用いられる。
 律法の時代ではないのだから十分の一しなくてもいい。ほんの気持ちだけでいいのではと思うクリスチャンもいるだろう。しかし、惜しむ心で捧げものをするなら主もその方を祝福するのを惜しまれる。
「わたしの宮に食物のあるように、十分の一全部をわたしの倉に携えてきなさい。これをもってわたしを試み、わたしが天の窓を開いて、あふるる恵みを、あなたがたに注ぐか否かを見なさいと、万軍の主は言われる。」(マラキ書  3章 10節)

結:
・私達自身が教会であることを意識し進んで献身の現れとして捧げていこう。
・強いられてでなく、自分から進んで喜びをもって捧げる者となろう。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji

1994年5月のミッション誌



 この春、中学校を卒業した息子は6月に渡米する。
 
 アメリカの高校に入るからである。先日入学申込書を送ったところである。高校からの入学許可証はまだ送られて来ていない。送られてくれば学生ビザを得るための手続きをするのである。アメリカ大使館に次ぎの書類を郵送する必要がある。
 1:本人のパスポート
 2:記入済みのOF156というビザ申請用紙
 3:写真(37っmX37mm)1枚
 4:中学3年生の時の成績証明書
 5:親の銀行残高証明書
 6:I20ABという高校発行の入学許可証
以上を返信用切手を貼った封筒に住所氏名を書いて、〒107東京都港区赤坂1丁目10−5アメリカ大使館宛に送る。書類に不備がなければ一週間程度でビザを手にする運びとなるのである。ちなみに、学生ビザは5年間有効となる。

 ところで当の本人はというと、少しでも英語の単語や熟語を覚えたり、文法を学んでおこうといった気持ちはあまりないらしい。今は社会勉強と称して祖母の家具店でアルバイトをしている。卒業した中学校の教頭先生によれば「現代の子供たちはほとんどが高校大学と滑り台に乗ったように変化ある体験をしない。そんな中で藤さんのお子さんは貴重な体験ができて羨ましい」とのことであった。信仰を持って積極的に受け止め喜ぶことにした。すると、中学一年生になって間もなく止めてしまったピアノ(ブルグミューラーの後半まで達していた)をもう一度やりたいと言い出した。家内が教えていたのであるから彼女も喜んだ。一ヶ月余りであるが復習でもして、後は高校のあるBible Temple で楽しく研鑽すればいい。

 妻はやはり女性である。一人息子がいなくなることで時々泣いている。神さまだけが彼女の心にできる穴を埋めることができるのだ。それにしても自分の子を他人に面倒見てもらい、他人様の子供たちを世話するようになるとは。まさに尊敬する西田国雄師が言っておられたように「神の国はGive And Takeなのである」。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
 

2013年10月24日木曜日

いのちの雫2013/10/25

ジャッキーチェーンがまた失言で失態した▼「アメリカは世界最大の汚職国家」と言ったが今度は「災害が起こればいいと思う。大地震や大津波のように。そういう時は、世界中が救援に立ち上がるだろう?そういうのを見ると嬉しく思うんだ」と▼舌を制しうる人は、ひとりもいない(ヤコブ3章8節)。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji

2013年10月21日月曜日

いのちの雫2013/10/21

タイタニック沈没時に楽団員が演奏していたヴァイオリンが英国オークションで1億42百万円で落札された▼バンドリーダーのウオレス・ハートリーが乗客を落ち着かせようと「主よ御元に近づかん」等を吹いた▼神に逆らう者は災いの時に退けられ神に従う人は死の時にも避け所を得る(箴言14:32)

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji

2013年10月17日木曜日

いのちの雫2013/10/17

中国で台風23号で冠水した水害の視察に訪れた市の幹部が高級靴を履いた上書記に背負われて移動し処分された▼中国では女子大生が大雨で冠水した道路を清掃員の女性に背負われて授業に向かう姿がネット上で公開され物議を醸している▼若者を歩むべき道の初めに教育せよ(箴言22:6)。



ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji

2013年10月15日火曜日

いのちの雫2013/10/15

母方の従兄弟達12名が集う会があった▼母は8人兄妹だったが今は4人しか生きておらず、1人は足腰が悪く一人は認知症、一人は大腿骨を折り療養中で残りの叔父が会に出てくれた▼冠婚葬祭でなく一同に会するのは初めてで私もサックスを演奏した▼親族と仲良くする事は信仰者の道だ(1テモテ5:8)

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji

2013年10月10日木曜日


東京五輪決定で野宿者追い出しが激化している▼きれいな街作りは貧しい人達の排除とセットで行われ、野宿者を見えなくし隠そうとするがその陰で命が奪われている▼世には剣の様な歯を持ち刀の様なきばをもって、貧しい者を地の上から、乏しい者を人の中から食い滅ぼす者がある(箴言30:14)

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji

2013年10月4日金曜日

ミツカンは海に近い愛知県高浜市の工場を閉鎖し内陸の岐阜県美濃加茂市に新工場を作る▼現工場では南海トラフ巨大地震で4mの津波の襲来が予測されるからだ▼備えあれば憂いなし▼戦いの日のために馬が備えられるが救いは主による。(箴言21:31)





ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター 藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.jp/
https://twitter.com/MJJ_PeterFuji
自民党の石破幹事長は小泉元首相が原発ゼロ決断を求めた事で「長く党総裁を務めた氏の発言は重い。党功労者として意見を承ることもある」と、党のエネルギー政策会合等で意見を聞く事を検討すると語った▼指導者がなければ民は倒れ、助言者が多ければ安全である。(箴言11:14)

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター 藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.jp/
https://twitter.com/MJJ_PeterFuji
羽田空港国際線発着枠の増加分が全日空に11便JALに5便と決まったがJALが猛反発している▼公的支援を受け再生し法人税減免等も優遇されている企業と同じでは不公平とのANAの主張が通った▼親方日の丸という体質はいつまでも抜けない▼高慢に振る舞えば争いになるばかりだ(箴言13:10)

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター 藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.jp/
https://twitter.com/MJJ_PeterFuji

2013年10月2日水曜日

ユダヤ系米国人530万人の22%が神の存在を信じてない事が判った▼更に彼らがユダヤ系以外の人との結婚も6割になった▼主の掟を守れ。貴方も子孫も幸いを得主が与えられる土地で長く生きる為に。お前は自分を産み出した岩を思わず産みの苦し
みをされた神を忘れた(申命記4:40、32:18)。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
自称予言者の松原照子氏が昨年2020年東京五輪はないと答えた▼氏が25年前出版した『宇宙からの大予言』では東京でも3m超の大津波が2年後迄に襲うと言う▼予言は人が未来を予告するものだが預言は神の言葉を預かった人が語るもので全く違う▼神は二度と水で世界を滅ぼさない(創世記8:21)

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
結婚して3年目の娘が多忙で構ってくれない旦那を起こし「十文字位何か言って」と言うと「あいうえおかきくけこ」と答えた▼腹が立ち娘は足で蹴ったが旦那はそれでも寝ていたという▼与えられた人生の日々愛する妻と共に楽しく生きよ。それが、労苦する貴方への人生と労苦の報いだ(伝道者の書9:9)

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji

いのちの雫2013/10/1

踏切で線路に倒れていた男性を村田奈津恵さん(40)が運び出そうとし電車に引かれ死亡した▼彼女は父親と車で電車の通過を待っていたが男性に気づき「助けなきゃ」と叫び「間に合わないからダメだ」と言う父親の制止を振り切り車から飛び出した▼友の為自分の命を捨てる、これ以上に大きな愛はない(ヨハネ15:13)

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji