ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2013年9月30日月曜日

申命記の解説

申命記1章の解説▼主はイスラエルを久しく留まっていた荒れ野から約束の地に向かって前進するにあたり回顧し戒めを与えられた▼中心的聖句▼向きを変えて出発し、カナン人の土地、大河ユーフラテスにまで行きなさい。見よ、わたしはあなたたちにこの土地を与える。(7、8節)

申命記2章の解説▼イスラエルは長らく荒れ野に留まっていたが主は川を渡り北に向かえと言われた▼中心的聖句▼あなたの神、主は、あなたの手の業をすべて祝福し、この広大な荒れ野の旅路を守り、この四十年の間、あなたの神、主はあなたと共におられたので、あなたは何一つ不足しなかった(7節)


申命記3章の解説▼主がイスラエルに約束の地を与え始められ、その地の部族と王達を滅ぼし占領し支配し始めた▼中心的聖句▼彼らを恐れてはならない。あなたたちの神、主が自らあなたたちのために戦ってくださる(22節)
申命記4章の解説▼活ける神の定めを与えられた神の嗣業の民は神を心に留める時に繁栄と幸いがある事がモーセにより語られた▼中心的聖句▼いつ呼び求めても近くにおられる我々の神・主を持つ国民がどこにあるだろうか。主は憐れみ深い神であり、あなたを見捨てることも滅ぼすこともない(7、31節)

申命記5章の解説▼モーセは活ける神主がイスラエルに与えられた定めを経緯を教えるとともに守り行う様に諭した▼中心的聖句▼どうか、彼らが生きている限りわたしを畏れ、わたしの戒めをことごとく守るこの心を持ち続け、彼らも、子孫もとこしえに幸いを得るように。(29節)

申命記6章の解説▼主の掟と定めを民が守り行うなら長く生き報いを受け乳と蜜の流れる土地で大いに増える▼中心的聖句▼あなたは心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい(5節)

申命記7章の解説▼イスラエルをご自分の民として選ばれたのはどの民よりも数が多かったからでなく先祖アブラハム達が主に従った故だ▼中心的聖句▼あなたは、あなたの神、主の聖なる民である。あなたの神、主は地の面にいるすべての民の中からあなたを選び、御自分の宝の民とされた(6節)

申命記8章の解説▼荒れ野での40年の旅は主に苦しめられ飢えさせられ試され訓練され神の言葉により生き主を忘れる事がないためであった▼中心的聖句▼あなたは、人が自分の子を訓練するように、あなたの神、主があなたを訓練されることを心に留めなさい(5節)

申命記9章の解説▼イスラエルを神に召されて指導してきたモーセが出エジプト後の営みを回顧して神に従うように薦める▼聞け、イスラエルよ。あなたは今日、ヨルダン川を渡り、行ってあなたよりも大きく強い国々を追い払おうとしている。(1節)

申命記10章の解説▼主は神の神主の主偉大にして勇ましく畏るべき神、人を偏り見ず賄賂を取らず孤児と寡婦の権利を守り、寄留者を愛して食物と衣服を与えられる▼中心的聖句▼今、主が求めておられることは主を畏れ、主の道に歩み、主を愛し、魂を尽くして主に仕え、主の掟を守る事だ(12、13節)

申命記11章の解説▼主の言葉を魂に刻み、印として手に結び、覚えとして額に付け、子供たちに教え座っている時も歩くときも寝ている時も起きている時も語り聞かせ家の戸口の柱にも門にも書き記しなさい▼中心的聖句▼見よ、わたしは今日、あなたたちの前に祝福と呪いを置く。(26節)


申命記12章の解説▼異教の神々を破壊しその名を消し去り、主にのみ礼拝しレビ人を見捨てるなとモーセは教えた▼中心的聖句▼私が命じるこれらのことをすべて聞いて守りなさい。こうして、あなたの神、主が良しとし正しいと見なされることを行うなら、あなたも子孫もとこしえに幸いを得る(28節)

申命記13章の解説▼偽預言者、占者、家族、親族であっても主以外の神に仕えさそうとするなら財産や家畜諸共滅ぼし尽くせと命じられた▼中心的聖句▼あなたたちは、わたしが命じることをすべて忠実に守りなさい。これに何一つ加えたり、減らすことがあってはならない(1節)

申命記14章の解説▼清い動物汚れた動物、収穫の十分の一についての定め。寄留者や孤児や寡婦に食べさす為にも使われた▼中心的聖句▼貴方の内にいるレビ人、寄留者、孤児、寡婦がそれを食べて満ち足りるようにせよ。そうすれば、貴方の行う全ての手の業を貴方の神が貴方を祝福する(29節)

申命記15章の解説▼債務の免除等の規定が書かれていて主が豊かな方であるからその民もまた広い心で同胞を見捨てないようにと語られる▼中心的聖句▼主が与えられる土地で貧しい同胞がいるなら心を頑にせず手を閉ざさず彼に手を大きく開き必要とするものを十分に貸し与えなさい(7、8節)。

申命記16章の解説▼神・主より受けた祝福に応じ献げ物を携えよと教えられ、加えて正しい裁判・正しい礼拝が求められた▼中心的聖句▼ただ正しいことのみを追求しなさい。そうすれば命を得、あなたの神、主が与えられる土地を得ることができる(20節)

申命記17章の解説▼王に関する規定で王位を長く保つための規定が示された▼中心的聖句▼同胞から主が選ばれたものを王とする事、馬を増やさず、大勢妻を娶らず、金銀を大量に蓄えず、主の定めを自分の傍らに置き、生きている限り読み返し、神なる主を畏れ、忠実に守らねばならない(15〜19節)。

申命記18章の解説▼レビ人の嗣業と預言者についての規定▼中心的聖句▼「如何にその言葉が主の語られた言葉ではない事を知りうるか」。その預言者が主の御名により語ってもその事が起こらず実現しなければ主が語られたものではない。預言者が勝手に語ったのだから恐れることはない(21、22節)

申命記19章の解説▼悪意や憎しみなく過失により殺人した者の為の逃れの町についてと裁判についての規定▼中心的聖句▼いかなる犯罪であれ、およそ人の犯す罪について、一人の証人によって立証されることはない。二人ないし三人の証人の証言によって、その事は立証されねばならない。(15節)

申命記20章の解説▼新築して奉献していない者、最初の葡萄の収穫をしていない者、婚約して結婚していない者、恐れ怯んでいる者は戦いに出ない事の規定▼中心的聖句▼あなたが敵に向かい出陣する時、馬と戦車、味方より多い軍勢を見て恐れるな。主が共におられるからである。(1節)

申命記21章の解説▼我が侭で父母に反抗する息子は民の長老に突き出し住民は石を投げつけて殺すべき規定がある▼中心的聖句▼人が死刑に当たる罪を犯して処刑されその人を木にかけるなら死体を必ずその日のうちに埋めねばならない。木にかけられた者は神に呪われたものだからである(22、23節)。

申命記22章の解説▼哀れみ深い天の父は全ての生き物にも心をかけてくださる▼中心的聖句▼鳥の巣を見つけ、その中に雛か卵があって母鳥がその雛か卵を抱いている時は、母鳥をその母鳥の産んだものと共に取ってはならず必ず母鳥を追い払い、母鳥が産んだものだけを取らねばならない(6、7節)。

申命記23章の解説▼主に誓願を立てる場合は、遅らせることなく、それを果たすべき事が言われている▼中心的聖句▼唇に出したことはそれを守り、口で約束した誓願は、あなたの神、主に誓願したとおりに実行しなさい(24節)。

申命記24章の解説▼新婚夫婦について、担保について、賃金について、寄留者や孤児の権利について、農作物の収穫について寛容な定め▼中心的な聖句▼人が新妻を娶ったなら兵役に服さずいかなる公務も課せられず一年間は自分の家のためにすべてを免除される。彼は娶った妻を喜ばせねばならない(5節)

申命記25章の解説▼有罪の者が鞭打ちの刑にされる場合自分の前で罪状に応じた数だけ四十以下で打たねばならない▼中心的聖句▼四十回まで打ってもよいがそれ以上はいけない。それ以上鞭打たれて、同胞が貴方の前で卑しめられないためである。脱穀している牛に口籠を掛けてはならない(3,4節)

申命記26章の解説▼主が与えられる地に入る時その地の実りを主に捧げ礼拝し、レビ人・寄留者・孤児・寡婦に十分食べさせ、主を喜べと教えられた▼中心的聖句▼主は誉と栄えを貴方に与え主の造られた全ての国民に勝るものとされる。貴方は主が言われたように貴方の神の聖なる民となる(19節)

申命記27章の解説▼民がヨルダン川を渡ったら民を祝福するためゲリジム山に呪う為にエバル山に立たせレビ人が宣言する言葉にアーメンと答える事を求められた▼中心的聖句▼貴方が川を渡った時石にこの律法の言葉を全て書き記せ。貴方は主が与えられる乳と蜜の流れる土地に入ることができる(3節)。

申命記28章の解説▼神の定めに従うなら祝福され主を捨てるなら呪われる事が延々と述べられている▼中心的聖句▼貴方が神主の御声によく聞き従い、今日私が命じる戒めをことごとく忠実に守るならば、あなたの神、主は、あなたを地上のあらゆる国民にはるかに勝ったものとしてくださる(1節)。

申命記29章の解説▼主は御自身の契約を孫子の時代迄にもその履行を求められその約束を果たされる▼中心的聖句▼隠されている事柄は、我らの神、主のもとにある。しかし、啓示されたことは、我々と我々の子孫のもとにとこしえに託されており、この律法の言葉をすべて行うことである(28節)。

申命記30章の解説▼主の民が主を愛しその道に歩みその定めを守るなら命と祝福と繁栄が与えられる▼中心的聖句▼御言葉はあなたの近くにあり、あなたの口と心にあるから、行うことができる。見よ、わたしは今日、命と幸い死と災いをあなたの前に置く。あなたは命を選びなさい(14、15、19)

申命記31章の解説▼モーセは約束の地カナンを前に120歳で死を前にヨシュアを神にあって後継指導者に任じた▼中心的聖句▼主御自身があなたに先立って行き、主御自身があなたと共におられる。主はあなたを見放すことも、見捨てられることもない。恐れてはならない。おののいてはならない。(8節)

申命記32章の解説▼主は妬む神であり主を捨て背くものには怒りが燃え上がり陰府の底まで及ぶ▼中心的聖句▼主は荒れ野で彼を見いだし獣の吠える不毛の地で彼を見つけこれを囲い、労り御自分の瞳の様にに守られた。鷲が巣を揺り動かし雛の上を飛びかけり羽を広げ捕らえ翼に乗せて運ぶように(11節)

申命記33章の解説▼モーセが生涯を終えるに際しイスラエルの12部族にした祝福▼中心的聖句▼イスラエルよ、あなたはいかに幸いなことか。あなたのように主に救われた民があろうか。主はあなたを助ける盾剣が襲うときのあなたの力。敵はあなたに屈しあなたは彼らの背を踏みつける。(29節)

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji

0 件のコメント:

コメントを投稿