ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2013年4月29日月曜日

Q:キリスト教では、イエスキリストさまが神様なのですか?? わかりやすく教えてください

<ヤフー知恵袋の質問への解答です>
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11106350266

A:キリスト教の信仰の全ての教理は聖書にあり、聖書の内容が全てです。聖書は何と言っているかが重要なのです。この土俵に立ってお答えします。

 三位一体という重要な教理があります。それは、父なる神さま、御子なる神イエス・キリスト様、聖霊なる神様が夫々神格を持ちながら一つの神様であるというのです。
ですから、御子なる神イエス・キリスト様はクリスチャンが礼拝すべき神様です。この点エホバの証人はイエス・キリスト様は神様が天地創造された時最初に創られた存在で神様ではないと言い、統一教会やモルモン教末日聖徒イエス・キリスト教会と同様三位一体を否定しています。
どうして否定するかと言いますと、聖書以外に自分たちの教典等を持っていてその権威を持たせている書物を通して聖書を理解し矛盾する所は否定し、都合の良い所だけを利用しているからです。
かつてキリスト教会が始まった時も三位一体を否定する者たちが教会に入って来たり、聖書だけでなく別のものも必要とする教えが入り込んできました。しかし、初代教会の使徒たちははっきりとそれは異端であると否定しそのように各教会に指導しました。
聖書こそ神について、人について、罪について、救いについて、また信仰生活についての唯一の規範であり聖書がどのように教えているかが限りなく重要なのです。

聖書の詳しい教理や教えについてお知りになりたい場合は
http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
を参照ください。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
Q:キリスト教のカトリックとプロテスタントの違いは簡単にどう違いますか!?キリスト教は布教に関してどれ位の比重をおいてますか!? 他の宗教の方も布教について教えて下さいね!

<ヤフーの知恵袋の質問へのピーター藤の解答です>
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12106299867?fr=chie_my_notice_supplement

A: キリスト教特にプロテスタントは聖書こそ全ての信仰と生活の唯一の規範ですのでその聖書という土俵に立ってお答えいたします。
>キリスト教のカトリックとプロテスタントの違いは簡単にどう違いますか!?
 プロテスタントは聖書のみ信仰のみキリストのみによって言い表されます。聖書のみがクリスチャンの生活と信仰の唯一の規範であり、信仰のみにより罪の刑罰から救われて天国に行けるのであり、キリストこそ神であり父なる神、聖霊なる神と共に礼拝の対象とすべきお方であるとします。カトリックは聖書に加えて外典というものを付け加え、かつては免罪符を買うことにより罪が赦されるとしたりお金を払うことにより死人が天国に行けると教えました。加えて、キリスト様と父なる神聖霊なる神様だけでなくマリヤや聖人に祭り上げた人に対しても礼拝の対象祈りの対象としています。

 カソリック教会の起源は聖書に書かれている初代キリスト教のリーダーで使徒であったペテロの後継しているものと言えましょう。ローマ帝国や中世の政治と結びついて強大な権力を持つに至って信仰もずれてきたのでしょう。宗教改革以後はカソリックの中でも改革がされかなり以前よりは健全なものになって来ています。

>キリスト教は布教に関してどれ位の比重をおいてますか!? 
 プロテスタントがイエス・キリストだけが天国(御父のもと)に行く道であり、「イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。」(ヨハネによる福音書 14章 6節)。「ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名<イエス・キリスト>のほか、人間には与えられていないのです。」(使徒言行録 4章 12節)

 罪の裁きからの救われる唯一のお方なので、クリスチャンも教職者も友人知人家族親族等が滅び永遠の地獄にいかず天国に行ける様に伝道するのです。
 カトリックでは教会員になり教会に繋がっていれば天国に行くと考えるので殆ど伝道はしません。罪の赦しも告戒すれば赦されると言う事で、南米では強盗等もマリアに祈ってから行うというような有様です。
エホバの証人は統治体と言われる一握りのリーダーの決めた事により天国・パラダイスに行けるかどうかが決まります。100年前に言っていた事を今は平気で否定したり逆もしています。奉仕活動という伝道もしなければ救われないのです。ですから家庭より職より奉仕活動を優先します。かつてキリストの再臨がO年O月O日にあると公言したりする事が何回もありましたがそれは戯言に終わりました。聖書は確かに御子イエス・キリスト様はクリスチャンを迎えに来られるがそれはいつかは誰も知らない父なる神様だけが知っておられると聖書に書かれています。真のクリスチャンはだからどうでも良いような生活でなく、むしろいつキリストが来られてもお迎えできるようなその日その日を悔いないように生きているのです。
その他の宗教の布教については熟知しないのでご容赦ください。

キリスト教の信仰について更に知りたい場合は
http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
を参照ください。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/

Q:キリスト教のお祈りで神々の……精霊たちによる……アーメン。のお祈りの全文を教えて下さい!わかりにくくてすみませんm(_ _)mよろしくお願いします!

<ヤフー知恵袋の質問へのピーター藤の解答です>
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14106350034

A:キリスト教特にプロテスタントは聖書こそ全ての信仰と生活の唯一の規範ですのでその聖書という土俵に立ってお答えいたします。
貴方の聞かれたい事は多分イエス・キリストが弟子達に教えられた主の祈りかと思います。
   「天にまします我らの父よ。願わくは御名を崇めさせ給え。御国を来らせ給え。御心の天になる如く地にもなさせ給え。我らの日用の糧を今日も与え給え。我らに罪を犯す者を我らが赦す如く我らの罪をも赦し給え。我らを試みに会わせず悪より救い出し給え。国と力と栄えとは限りなく汝のものなればなり。アーメン」(福音書)です。アーメンとは聖書の書かれたヘブル語で本当にその通りになります様にという言葉です。

   キリスト教会はプロテスタントやカトリック(西方教会)、東方教会と大きく分かれていますので加えて説明します。
   先ずプロテスタント教会では礼拝の中での祈りは式文という型にはまった定まった祈りを捧げる教会と会衆を代表する牧師や長老たちでさえ自分の言葉で自由に祈る教会があります。しかし、毎日の生活の中では基本的に自由に自分の言葉で祈ります。
一方カソリック(西方教会)や東方教会では全ての教会の礼拝等では定められた祈祷文があり常に司式者も司祭もその祈祷文の言葉をそのまま祈ります。
毎日の生活の中での祈りは不詳です。

>神々の……精霊たちによる……
というような文言はありません。
聖書の神様は唯一の神様です。神々の神、主の主、王の王ですから。
精霊という存在も聖書には記されていません。
天使は何億といますが、聖書の中では人に見えはっきりと判る様に食する事もできますが神に付託された創造を超えた力を持っています。旧約聖書には1人の天使が1晩で12万以上の軍隊を全滅させたと記されています。
天使の他に霊的存在もいますが殆どは神様を賛美する存在です。

聖書のことで更にお知りになりたい場合は
http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
を参照ください。



ミッション・あどない・いるえ 代表伝道者 ピーター藤 正信
栃木県栃木市倭町11-16 〒328-0037 TEL:0282-25-1427  携帯:080-6562-1427
Email: MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
ツイッター https://twitter.com/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html

2013年4月28日日曜日

Q:キリスト教会に若い女性は来ていますか?

<ヤフーの知恵袋の質問へのピーター藤の解答です。ベストアンサーに選ばれました>

A: 教会はキリストを信じた人々の集合体ですから地域により牧師のヴィジョンにより夫々の教会に集う人々の年代も様々です。
 教会の存在目的は、真の神であるイエス・キリストに出会う場、的外れの人生を改め罪の贖いと救いを得る場、律法でなく神の恵みにより生き方が変わる場、神に祈る場、イエス・キリストが中心である場、家庭礼拝を支援する場、賛美と感謝をささげる場、神から良き物を得るだけでなく自己を捧げる場、礼拝が拡大する場、失われ傷ついた人が癒される場、キリストに似た者となっていく場、キリストの花嫁を整える場です。

 貴方がクリスチャンになりクリスチャンの女性と結婚したいと思われたなら多くのクリスチャンが参加する修養会とかキャンプ等で同じ信仰者の女性と出会う機会が必ずあります。

 老婆心ながら先に見てみればと紹介されているホームページアドレスはモルモン教・末日聖徒イエス・キリスト教会でこれはキリスト教の異端です。キリスト教の異端の3つの大きいものはモルモン教・末日イエス・キリスト教会(モルモン経典を聖書よりも権威あるものとし白人至上主義で一夫多妻制)、エホバの証人・もの見の塔(神の裁きと地獄を否定したラッセルにより始められ、統治体の出すもの見の塔と言う雑誌が最も権威があり聖書の解釈もその冊子により行っている。聖書も自分たちの教理に合う様に故意に誤った翻訳をしている。)統一教会(最近亡くなった文鮮明と肉体関係を多くの女性の持たせて有名になった。一夫多妻制は有名。統一原理という本が最も権威ありこれにより聖書を解釈する
)という3つの似て非なるものがあります。
  正当的なプロテスタントの信仰は聖書を唯一の信仰と生活の規範とし、信仰によってのみ人は罪赦され神の子とされ天国に行ける事を信じ、キリストだけを神として礼拝し祈る対象とするのです。


Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω 

ミッション・あどない・いるえ 代表伝道者 ピーター藤 正信
栃木県栃木市倭町11-16 〒328-0037 TEL:0282-25-1427  携帯:080-6562-1427
Email: MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
ツイッター https://twitter.com/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html

2013年4月27日土曜日


いのちの雫 

礼拝でしか聖書を読まずポンと聖書を叩き1週間の埃を吹き払い教会に行く信徒をフーポン信者と言う▼礼拝最後の頌栄を「父御子御霊の・・」と会衆が歌う時に入って来る長老を父御子長老という▼そんな人々が教会の方向を決める教会もある▼主の黄泉の苦しみから生まれた教会で礼拝に命かける者は誰か。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html

いのちの雫 2013/4/27

いのちの雫 2013/4/27

音を失った作曲家佐村河内守氏は十歳でベートーヴェン等を 弾きこなし「もう教える事はない」と母親から告げられ音大は行かず苦学しながら極めた▼耳鳴りの発作や頭鳴症の苦しみながら希望の交響曲を生み出した▼我々も大いに見習うべきだ▼信仰者として満ち満ちた主の身丈に達するまで耐え極めよう。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji

2013年4月26日金曜日

Q:何故グノーシス派は執拗に弾圧されたのでしょうか?

Q:初期キリスト教の一派には、「グノーシス派」と言われる一派が存在していたそうですが、ローマ教会からは弾圧され、消滅の憂き目にあったと聞きました。同じキリスト教徒には違いないのに、なぜこの一派は、執拗に弾圧されたのでしょうか?

<ヤフーの知恵袋の質問へのピーター藤の解答です。ベストアンサーに選ばれました。>
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10106212665

A:グノーシス派が聖書に基づいたキリスト教信仰から逸脱した教義なので正当派はグノーシス派を異端とし糾弾し、その書をことごとく焼き捨てたのです。

キリスト教の正当派とグノーシス派が主にどう違ったのかについて
1:神について
正当派はこの世界を創造したのは、唯一絶対にして全知全能の神で、この神が天と地、見ゆるもの、見えざるもの、すべてを創造したのだとします。これに対しグノーシス派はこの世界を創造した神(旧約聖書の神ヤハウェ)は、唯一絶対神ではなく、全能にはほど遠い、無知で傲慢な劣位の神です。(全能の神が、こんな災いだらけの不完全な世界をつくるわけがない)と主張しました。
2:救いについて
正当派は、人間はアダムとイブの原罪・罪を犯す性質を継承している故、人は皆罪を犯します。それは「神のゆるし」贖いがない限り消えることはないが、悔い改めて福音を信じれば罪の刑罰から救われれると言います。一方、グノーシス派によれば、この物質世界は我々を肉体に閉じこめておく邪悪な世界です。人にとり救済とは、この物質世界から逃れ、天の家に還ることで、そのためには、何をすればいいのか?悔い改めても、善行を積んでも、意味はないので唯一知恵を「知る」ことによると主張します。
3:イエス・キリストについて
正統派によれば、イエスはこの世界を創造した神の子であり、人間の罪を背負うために降臨し十字架で贖いを成し遂げられたと言います。これに対し、グノーシス派によれば、イエスは実存せず霊において降臨しただけでイエスは、秘密の知恵を授けるために降臨したと主張します。
このように、グノーシス派は聖書の教理に基づく正当派の信仰をことごとく否定したので執拗に弾圧されたのです。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html

いのちの雫 2013/4/27


いのちの雫 2013/4/27

米国資産運用会社が日本顧客から預かった13百億円を運用せず資金の大半が失われた▼加えて米国財務省に虚偽の事業報告書が提出がされた▼私達も各々神から1タラント(金1g五千円で34kgは1億7千万円)も委託されている(マタイ25章)▼主と精算する時善かつ忠なる僕と呼ばれたいものだ。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html

Q:モルモン教徒のギャップは何でしょうか?

Q:モルモン教徒のギャップに悩みます。モルモン教(末日聖徒イエスキリスト教会)の日曜日の集会に行けば笑顔と握手で出迎えてくれますが、このカテのモルモン教徒は、 元信者を「サタンの手下」「背教者」など酷い言葉で罵倒し激しい口調で責め立てます。私が実際行って見て確めたあの紳士的な人たちは日曜日だけの特別バージョンでしょうか?

<ヤフーの知恵袋の質問へのピーター藤の解答です>
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14106049044

A:モルモン教・末日聖徒イエス・キリスト教会はエホバの証人・もの見の塔や統一教会と同様キリスト教の3大異端です。モルモン教が異端と言われる所以は聖書を信仰と生活の唯一の規範としていないからです。言い換えれば聖書のみを神の言葉とせず自分たちのモルモン教典を聖書以上に権威を持たせ聖書の根幹の教理である三位一体を否定します。このような似て非なる人たちに貴方が期待しうるものはありません。正に聖書に「人は外の姿を見、神は心を見る」とある様に外面だけを求めているのです。
 真のキリスト教は聖書を信仰と生活の規範としますから礼拝の説教として語られるメッセージは語る者に対しても真実を求められるのです。

聖書の教えを更にお知りになりたい場合は
http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
をご参照ください。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html


Q:洗礼・バプテスマの意味はなんですか?

Q:娘が近所のキリスト教付随の幼稚園入園をきっかけに、聖書を読んだり、毎週礼拝に通うようになりました、(幼稚園から、強制されているわけではなく、自ら…です。)礼拝に行くと精神的に癒されている感じで、所用で行かれなかったときには、心にポッカリ穴が開いたようになります。また、折に触れ神様を思い浮かべ、聖句を気持ちの中で探している自身がいたりします。…ですが、バプテスマを受けたわけではないので、正確には、信仰している、…とは、言えないんですよね。バプテスマを受けていないということは、似せかけ…的な目で見られるのでしょうか?そして、教会で何かの会があるときには、参加しているのですが、教会員の方々からすると、バプテスマ受けていないくせに…のような感じにとられてしまうのでしょうか?今日、いつものように礼拝に行きましたら、「バプテスマを受けると何が変わるのか…」といった、テーマでした。今の自分にピタリあてはまった題だったので、運命を感じました。それでも、まだ自問自答してしまうのですが、バプテスマを受けていないからといって、信仰していない。…ということではない、というと、どうして、“バプテスマ”があるのでしょうか?

<ヤフーの知恵袋の質問へのピーター藤の解答>
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14105972269

A:バプテスマの意味と種類について先ず説明します。

 バプテスマは聖書の書かれたギリシャ語でバプティゾウと言います。それは浸すという意味です。それは主キリストがヨルダン川でバプテスマを受けられ、バプテスマのヨハネもヨルダン川で多くの人にバプテスマを授けたとあります。
 人は霊と魂と肉体を持つ存在として創造されました。バプテスマもそれぞれ3つあります。
先ず貴方が考えておられるものは一般的には信仰を告白し肉体において受けるバプテスマです。一般的には信仰を告白し見える地方教会に属する前提として授かるものです。この水のバプテスマは人生で先ず一回受けます。しかし、稀に教会を変わったりする時水が足りなかった等として再度受ける事を求められる事もあります。

 次にそれより前につまりイエス・キリストを罪より購う救い主として心に信じキリストを人生に受け入れる時に受けるバプテスマがあります。これは霊に受けるものでキリストの御体に属するバプテスマといいます。一般的には語られてはいないです。そのバプテスマは例外無く一生に一度だけです。

 そして、魂(心といわれる)に受けるバプテスマがあります。魂は知情意を司るものです。例えば感情は天気が雨なら憂鬱で気分も落ち込み気味で更に人の言葉に依っても信仰心も左右されます。朝は今日は神に愛されて私は必ず天国に行けると思っていても夕方には私は罪深いダメな人間で天国には行けないと思ってしまう様にジェットコースターに乗っている様に上がったり下がったりするものです。ですから神様はそんな魂に救いと永遠の命を保つ様にされませんでした。霊につまり神様だけが存在する領域である霊においてキリストにあって救いと永遠の命を保つ様にされました。加えて不安定な魂には毎日、毎時間毎分と聖霊なる神の灯火により神の約束である聖書を心に覚え神の愛の中に活きている事を確認しつつ、神の思いと計画に心を燃やし続けていく為に聖霊のバプテスマを受け続けていかなければならないのです。

 さて、見える教会員になるかならないかは別にして、貴方が孤島に住んでいてもあるいは独房で暮らしているとしても貴方の人生にキリストを人生の主として迎え入れた時に貴方はクリスチャンになり天国の国籍が与えられ、見えない神の国の教会の教会員になります。そしてキリスト信者となるのです。
 この世界にある見える教会員にならなくても。しかし、一般的に世の中で生活しているならば信仰の火を燃やし続ける為に問題があれば共に信者に祈ってもらい励ましてもらい支えてもらうなど大いに助けを受ける事が必要になりまたそれが益になると思います。そう言う為にも見える教会員になる事も意味は大きいと思います。
 

 信仰を持つと言う事はイエス・キリストを罪の刑罰からの購い主として貴方の人生に信じ受け入れる事です。バプテスマを受ける事はその条件ではありません。水のバプテスマの役割は貴方の信仰告白を公に表明する事にあります。その結果として見える教会員となる事です。そういう意欲や願いがないならバプテスマを受けなくても良いのです。

聖書の教理についてより詳しくお知りになりたいなら
http://missionjehovehjireh.blogspot.com/

を参照してください。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html

Q:キリスト教での「信仰」とは、なんですか?

Q:キリスト教での「信仰」とは、なんですか? 一般のクリスチャンと、エホバの証人の「信仰」の定義に、温度差があるように思いますが。 教えてください。

<ヤフー知恵袋の質問へのピーター藤の解答です。ベストアンサーに選ばれました
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14105994849

A: キリスト教の信仰とは真の神、イエス・キリストの父である神、そして聖霊なる神が3つの位格を持つも唯一の神として信じる事。御子イエス・キリストが聖霊によって処女マリヤより生まれ、その罪なきお方が人類の全ての罪咎の身代わりとしてポンテオピラトがローマの総督であった時に十字架の上で死なれた事、葬られ、黄泉に行かれ、3日目に甦られた事、多くの弟子達に現れ、天に上り、父なる神の右の座に着かれた事。やがてクリスチャンの集合体である教会・花嫁を迎えに来られる事。その時キリストを信じているものはキリスと同じ栄光の体を頂き掲挙される事、キリストにあって既に先に死んだ者たちは復活して同じ栄光の体に変えられ共に天国に行きえいえんにキリスト共に生き続ける様になる事。これらがキリスト信仰の中核です。

エホバの証人はキリストを神としていません。創造主なる神が最初に創造した者としています。
この根幹の教理を崩しています。更に数人のリーダーである統治体で決めた事がエホバの証人の全ての行動と信仰の規範となり聖書の解釈もその統治体の発行するもの見の塔冊子によっています。
 一方真のクリスチャンは聖書を唯一の神の言葉として生活と信仰の唯一の規範とします。聖書はどういっているのか聖書はどう教えているのかが一番大切なのです。そして全ての事を父である神に感謝し、祈り、賛美します。神が賜った御子キリストの十字架の愛を受け愛に応え、その愛を持って神と自分と他人を愛します。その愛をもって神に仕え人にも仕えます。神の願いを行おうとし人生を捧げる人も多くいます。

 エホバの証人は時間を捧げて割り当てられた奉仕しなければ救われないと脅されながら行っていますが、真のクリスチャンはキリストが十字架の上で命を捨てて賜った神の愛に押し出されて自分の生涯を進んで捧げようとするのです。

聖書の信仰について活ける神への信仰については
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/

Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
を参照にしてください。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html

Q:無宗教日本人が「神様助けてく ださい!」とはどう考えればいいのか?

Q: キリスト教信者のアメリカ人「神様助けてください!」←わかる。ヒンドゥー教信者のインド人「神様助けてください!」←わかる。無宗教日本人「神様助けてください!」←テメーナメくさって(`・ω・)。一体どういうつもりなんですか(´・ω・)?

<ヤフー知恵袋の質問へのピーター藤の解答です>
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11105800481


A:人は霊と魂(心と呼ばれている)と体との3一的統合体として創造主なる聖書の神様に創られました。

体と魂は土の塵から創られ、それに命の息を吹き入れられて人は生ける者となりました。息と霊は同じ言葉が遣われています。人が死ぬとき命が無くなりそれは神が霊をご自分の元に取られる事を意味します。
類人猿は知能は人間並みに近いものもいますが霊は持っていません。霊は神を求めるもの神に祈るものです。

人は無心論者といえども貴方が書かれた様に人生の危機が訪れると「神様助けて」と叫ぶのです。それが霊を持つ存在の所以です。
日本人は正月には神社で初詣をし、家族が死ぬと寺で仏になった人に礼拝し、クリスマスや結婚式には教会でイエス・キリストに礼拝と賛美を捧げる人が多くいます。

その人々の多くは神道の信者でもなく仏教信者でもなくクリスチャンでもない場合が多いですね。

人の霊は、仏教でもなく神道でもなく人を創造し活かし愛されている聖書の神様を、その人生の主として罪の刑罰からの救い主贖い主としてその人の意思で信じ受け入れた時に、初めて神にあって生きる者となるのです。
それ以前は神にあって死んだ状態なのです。ですからキリストを信じないで死んだ人の霊は神の元に帰り、魂は黄泉に行き、肉体は土に帰ります。悲惨な分裂状態になります。

もっと詳しく聖書の教えをお知りになりたい時は
http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
を参照してください。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
 Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html

Q:信仰心は精神安定剤代わりになるか?

Q:信仰心で精神安定剤代わりになるか?仏教やキリスト教を勉強して信仰心により強力な精神安定剤代わりになるでしょうか?

<ヤフー知恵袋の質問へのピーター藤の解答です>

A: キリスト信仰は精神安定剤代わりのようなものではありません。基本的にはこの世界での事柄は一時的で、過ぎ行くもので、後に来る永遠の生命をどのように過ごすか、そこでどのような報いを得て過ごすのかという事により大きな焦点を当てます。それは、この世界で限りなく失敗し、挫折しても尚無くなる事の無い希望を神様にあって持てると言う事です。「そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです」(ローマの信徒への手紙 5章 3節〜5節)と聖書に記されています。
 同時にいついかなる時にも主イエス・キリスト様が共に人生を歩んでくださる時に魂の平安も賜るのです。「わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える。わたしはこれを、世が与えるように与えるのではない。心を騒がせるな。おびえるな。」(ヨハネによる福音書 14章 27節)と約束されています。これはキリスト教を学んで得られるものではありません。イエス・キリストを人生の主として心に受け入れてこそ、キリストと共に人生を歩む時に得られるものです。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html

Q:キリスト教に、入ろうとおもうのですか、何か条件とかってあるんですか(´・ω・`)?

Q:キリスト教に、入ろうとおもうのですか、何か条件とかってあるんですか(´・ω・`)?

<ヤフーの知恵袋の質問へのピーター藤の解答です>
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14106085069

 A:キリスト教に入ると仰る内容がキリスト教会員になると言う形式的な事であるとして先ずお答えします。それは加わりたい教会の洗礼を受ける事によって教会員となります。洗礼準備クラス等に出席し、礼拝を継続的に出席していれば牧師から許可が出ると思います。
    次に実質的にクリスチャンになるという事についてお答えします。教会員になる事即ちクリスチャンになる事ではありません。洗礼を受けていても真のクリスチャンでない人もいます。クリスチャンになると言う事はその人生に主としてイエス・キリストを信じ受け入れる事です。聖書に「すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。」(ローマ人への手紙 10章 9節10節)とあります。その事はどういう事かと申しますと、神について、罪について、キリストの贖いと救いについて信じ告白する事です。
    神についてとは永遠の昔から永遠の未来まで誰の助けもなしに存在し、天地宇宙を創造し、貴方に生を与え活かし、ご自身の御子イエス・キリストを賜った程に貴方を愛されているお方である事です。
    罪についてとは最初の人アダムとエバが罪を犯し、故に貴方も生まれながら誰かに教えられなくても嘘を言い、人が見ていなければ悪を行おうとする性質(単数の罪・原罪)を持っている事。加えて貴方が、思いの中で口で行いで、神に対し、人に対し自分に対し、過去・現在・将来において犯すあるいは犯した罪(神が定められたあるべき人の姿から的が外れていること)故に裁かれ永遠の刑罰を受けなければならない事。
    救いについてとは、貴方の個々の罪の為に罪の無い神の御子イエス・キリストが貴方の罪の刑罰を身代わりに呪われた十字架の上で代わりに負って死んでくださった事を受け入れ信じる事です。

    そのように心に信じ告白した時、キリストは貴方の霊に迎えることになります。人は、霊と魂と体の統一体として創られました。体と魂は土の塵から創られそれに創造主なる神様はいのちの息を吹き入れられました。それで人は活ける存在になりました。キリストを信じていない人が死ぬ時命が無くなりますがそれはその人の霊が神の元に帰るからです。キリストを信じる前は貴方の霊は神様にあって死んでいます。キリストを受け入れた時に神様にあって生きるものとなります。モーセの幕屋を学ばれると聖所と至聖所の間には仕切りの垂れ幕がありました。聖所は人の魂を至聖所は人の霊について教えています。主・イエス・キリストが十字架の上で死なれた時人の手によらず神様によって聖所と至聖所の仕切りの垂れ幕が割かれました。それは誰でもイエス・キリストを信じたその時に魂と霊の隔てが割かれ霊が生きて霊に住まわれることになった神様と魂とが交流できる事になる事を教えています。つまり貴方の魂は「イエス様どうか私の魂に安らぎを与え、貴方の希望で溢れさせてください」と祈ることができますがそうすると霊に住まわれるイエス・キリストが貴方の祈りと願いに答え良き働きをなさる様になるのです。「今までは、あなたがたはわたしの名によっては何も願わなかった。願いなさい。そうすれば与えられ、あなたがたは喜びで満たされる。」(ヨハネ16:24)

    そして、永遠の命と罪の刑罰からの救いは霊に住まわれるイエス・キリストにあって保たれる様になります。つまり、魂において保つ事はないので感情や人の言葉や出来事で揺れ動いたり無くなったりはしないのです。聖書は「よくよくあなたがたに言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをつかわされたかたを信じる者は、永遠の命を受け、またさばかれることがなく、死から命に移っているのである」(ヨハネ5:24)に約束されています。また「そのあかしとは、神が永遠のいのちをわたしたちに賜わり、かつ、そのいのちが御子のうちにあるということである。御子を持つ者はいのちを持ち、神の御子を持たない者はいのちを持っていない。これらのことをあなたがたに書きおくったのは、神の子の御名を信じるあなたがたに、永遠のいのちを持っていることを、悟らせるためである」(1ヨハネ5:11〜13)とも記されています。
イエス・キリストは「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」(マタイ28:20)と約束されています。
キリストの信仰についてさらにお知りになりたい時は
http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
を参照してください。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html

Q:神様からの交信なんて受けたことがありません、どういうことですか?

Q:神様からの交信がありません。どういうことですか?というか神様からの交信なんて受けたことがありません、どういうことですか?

<ヤフー知恵袋の質問へのピーター藤の解答です>
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10106168790


A: 聖書の神様は霊の存在です。ですから誰でも頻繁にその声を聞くと言う事はありません。私の妻は大学生の時病気で1年間休学したそうですが病院のベッドで寝ていた時「子よ静まりなさい」とはっきりと語りかけを聞きました。病室の他の人は皆寝ていたそうです。またそれから一年くらいした時、声楽科だったので先輩達から「貴女は可哀想だけど声楽家にとって一番大切な胸が悪くなったのだからもう無理よね」と否定的な言葉をかけられていました。そのような下校時の駅のプラットフォームで「貴女に新しい歌を与える」とまたはっきりとした声での語りかけを受けたのです。その後彼女は何人もの指導者について学び数十年経った今も様々な所で歌っています。
聖書には「わたしを呼べ。わたしはあなたに答え、あなたの知らない隠された大いなることを告げ知らせる」(エレミヤ33:3)と主に呼べば、祈れば、願えば、叫べば答えてくださると約束しておられます。「夕べに、あしたに、真昼にわたしが嘆きうめけば、主はわたしの声を聞かれます」(詩篇 55篇 17節)。
    さて、どのような形で主なる神は答えあるいは語りかけて下さるのでしょうか。かつて旧約の聖徒たちの時代は聖書は完成されていませんでした。ですから、神様はしばしば預言者を使わされたり直接語りかけられたりする事があったと記されています。ギデオン、ヨシュア、モーセ、ダビデ、サムエル、アブラハム、ヤコブについては顕著に聖書からみる事ができます。しかし、聖書が完成している現代はクリスチャンは毎日神の言葉として読む事が薦められており、その読んでいる聖書の箇所から神の語りかけやメッセージを得る事が必ずあるはずです。これは特別啓示でふろしきに包んで覆われていた神様の素晴らしさがはっきり判る様になる事です。さらに、創造主なる神様の創られた空の鳥や植物などの営みなどを通して神様の語りかけを受ける事があります。私はこれも多いです。さらに、今は教会の時代です。教会の頭であるイエス・キリストはご自身の体である教会を立て上げる為に使徒や預言者など5役者を初代教会以降世界に使わされています。使徒は教会の土台となる教えを置き、預言者は教会の進むべき方向を教えます。この預言者の務めの一つは預言であり神のメッセージも伝えます。
教会は9つの聖霊の実(愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制)、9つの聖霊の賜物(異言、預言、異言の解き明かし、知恵の言葉、知識の言葉、霊の見分け、信仰、奇跡、癒し)、9つの油注がれた務め(使徒、預言者、伝道者、牧師、教師、長老、執事、助ける者、治める者)によって立て上げられます(エペソ4:11〜16)。このうち聖霊の賜物の中の預言は神からのメッセージを伝えるものですが吟味が必要です(コリント人への第一の手紙 14章 29節)。預言は聖書から逸脱するものではありません。それでも時に応じて聖書のメッセージの範囲内で神の子供達である信者を励まし、慰め、力づけるのです。

 このように現在も様々な形を通して主なる神様はご自分の民である祈りと叫びに答えられているのです。妻は結婚の為に10年、父の救いの為に20年、母の救いの為に40年祈りましたが全て答えを得両親は洗礼を受けて天国に返りました。どうか祈り続けてください。神の約束のお御言葉を頂いたらそれを決して離さずその上にしっかりと立ち続けて神様に期待し続け信じ続けてください。

聖書の教理・教えについてさらにお知りになりたいときは
http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
を参照ください。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html
.