ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2012年12月28日金曜日


 

「フィリピンの孤児院で子供の世話し人間的に成長した華原朋美」

という記事をインターネットで見つけた。
 
 
 『FNS歌謡祭』(フジテレビ系・12月5日放送)で5年ぶりにステージに立った華原朋美(38)の歌声は以前にも増して人々の胸を打った。歌唱力は人気絶頂の頃よりも格段に上がっていた。歌い終わった後、思わず手で口を覆って泣き出す華原の姿は、多くの視聴者の涙を誘った。華原は私生活のトラブルが原因で睡眠薬などの薬物依存に陥っていた。2007年6月、いったんは所属事務所を解雇され、事実上の引退状態にまで追い込まれた。休業中、心身のバランスを崩していた華原は、自分自身を見つめ直すために、フィリピンに渡りボランティア活動に励んだ。現地で難民児童を救済するNPOを運営する父親の勧めだったという。「孤児院で子供たちのお世話をしてきました。最初は『誰、この人?』って感じで無視されていたけど、何度か通うと『トモミ』って呼んでくれるようになったのが嬉しかった。父が『誰かの役に立つことをしなさい』といってくれたのがきっかけでフィリピンに行ってきたけど、人間的に成長できるような気がする」と語っている。
 私どもは1996年から児童養護施設いわゆる孤児院をフィリピンはミンダナオに開設し運営を始めた。今も35名の子らをお世話している。今まで多くの子供から大人までが現地の施設を訪問し子供達に何かしてあげようとして返って元気や生きる力を貰って来た人が多い。不登校の子供が輝いてきたり、生きる目的がなかった人がしっかりと自分の生きる方向を見つけて来た。香嶋愛さんはそんな訪問チームの一人であったが、そこにご自分の人生の仕事を見つけ、現地のトトさんと結婚し、正に孤児達の母になられた。ご両親はそんな愛さんを連れ戻そうとしたが、愛さんの子供達に注ぐ愛情や仕事ぶり、現地スタッフの愛さんへの信頼を見た時愛さんをつれて帰る事を断念した。愛さんは具合の悪い子を自分の家に良くなるまで引き取って面倒を見てたり、貧民街の幼稚園児の家庭が貧しさの故とか夫婦間のいざこざで子供が暮らせない環境になると判断するとその家庭から子供を預かって自分の家で生活させていた。危険な身の安全を保障されない地域にも子供の為なら構わず出かけていった。
 子供たちの役に立つと思ってやっている事が、実はその人を人間としての原点に立ち返らせ、どん底の生活環境の中で自分を見つめ、自分の欠けた所を教えられ、自分の弱さを見させられ、人間として神様に与えられた良い性格や環境やタラントを感謝していく事ができるようになるのだ。そして知らない間に小さな素敵な事に感動し、僅かな嬉しい事に感謝できるようになり、人間関係にもそれが多いにプラスになって行くのである。
 貴方も2013年7月下旬の1週間はミンダナオ訪問ツアーに参加してみませんか。

ミッション・あどない・いるえ
ココナッツ・チャイルド後援会
栃木県栃木市倭町11-16 〒328-0037
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp

2012年12月24日月曜日

CD「やすらぎコンサート」のⅢとⅣをリリースしました。


 八年程前に録音しました。時間が経ち当時流行した曲(大きな古時計、ベストフレンド等)を入れていたので没にする予定でしたが復活させ2012年10月リリースしました。藤 正信の5つのオカリナ、クラリネット、ハーモニカ、トランペット、コルネット、フリューゲルホルン、3尺と2尺2寸と1尺5寸という3つの尺八とテノール、藤  和子はピアノ、サウルハープ、アイリッシュハープ、ソプラノでお楽しみ頂けます。表紙の写真でピーター藤正信がテナーサックスを持っていますが、現在は多くサックスの演奏をしており「やすらぎコンサートⅤ、Ⅵ」ではサックスの曲が入ってきます。今回のリリースは急いだため写真が間に合わず下のようになりました。皆様に親しみのある曲でまとめました。お友達や親しい方へのプレゼントに、ご自身用に、伝道用にぜひご用命ください。
 価格は、いずれも1800円です。

やすらぎコンサートⅢ
 1 あなたに(歌)
 2 ベストフレンド(歌)
 3 芭蕉布(歌とオカリナ)
 4 コスモス(歌)
 5 みかんの花咲く丘(オカリナ)
 6 大きな古時計(クラリネット)
 7 しかられて(長い尺八)
 8 母さんの歌(歌とオカリナ)
 9 キリストには変えられません
                       (ハープと歌)
 10 Day by day(フリューゲルホルン)
 11 アヴェマリア(歌とオカリナ)
 12 グリーンスリーブス(歌とオカリナ)
 13 馬車よ降りてこい(歌)
 14 5つの銅貨(歌とコルネット)
 15    聖書朗読(詩編27編)
 16 光の主(ピアノと歌)

やすらぎコンサートⅣ
 1 ダニーボーイ(クラリネット)
 2 誰かが誰かを愛している
                       (歌とトランペット)
 3 四季の歌
                (オカリナと歌とハーモニカと尺八)
 4 夏の想いで(歌)
 5 ちんさくぬ歌(歌)
 6 ここに幸あり(短い尺八)
 7 すばる(歌とハーモニカ)
 8 聖書朗読(詩編57編)
 9 いずくまでもゆかん
                   (ハープと歌とオカリナ)
 10 いつもなんどでも
                     (ハープと歌とオカリナ)
 11 歌の翼に(歌)
 12 Deep River(歌)
 13 見上げてごらん(歌とオカリナ)
 14 Grolyfy the Name(オカリナと歌とコルネット)
 15 きよらに星すむ今宵(歌)
 16 In The Name of Jesus(歌)


制作・販売:ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
栃木県栃木市倭町11-16 〒328-0037
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/











説教演習

今回は富山市のS様にご指導させて頂いています説教演習を載せさせて頂きます。

題目:「ダビデの子イエスの誕生」

テキスト:ルカ2:1~18
・テキストを3つに分けてその各々の固定的メーッセージを捕らえてください。

私、藤正信がこのテキストから沢井様の内容を借りてメッセージの要旨を作るとした場合を書きます。



「私の少年期のクリスマスの頃、夜寝ぼけて起きると厨房が明るくなっていて、ガラスの入った障子戸を開けるとそこに母親一人がいて、そばにゆくと土蔵をブリキでかたどった貯金箱をプレゼントにもらいました。大変うれしく、その夜は特に自分一人で母親に甘えていました。父親は建設関係の事業をやっていてオート三輪車に乗ってあちらこちらに仕事に出かけてて特に年末は帰りが毎晩遅く、私は寝てしまってあまり父親の顔を見たここがありません。しかし天のお父様はそんな孤独な心の中に御子イエス様をプレゼントとしてくださったのです。」と沢井さんは体験から述べています。
 今日はルカによる福音書の2章1節から18節までを通してクリスマスのメッセージに心を傾けて参りましょう。


 ルカ2章1節〜3節はキリスト様の誕生が人類の歴史の真中にまぎれもない事実として人として生まれられた事を記しています。ある人たちはキリストは歴史の中に実在したのではないと主張しますがそれは間違いである事を聖書は示しています。
 ルカ2章4節から7節はダビデの子孫として生まれられた事、聖書の預言が実現する為にベツレヘムの家畜小屋でで生まれられ、飼い葉桶に寝かせられた事を記しています。どうしてダビデの子孫として生まれらなければならなかったのかというとクリスチャンは先ず敬虔なユダヤ人の中から生まれました。そのユダヤ人は系図を重んじていました。ですから正当的なユダヤ人しかも誰もが尊敬していたダビデの子孫であることは非常に重大な事だったのです。また、主の主、王の王である救い主が家畜小屋で誕生され飼い葉桶に寝かせられた事は羊飼い達への目印であっただけでなく、家畜小屋のような臭く汚ない私達の心のような中に救い主が来てくださった事を語っています。
 ルカ2章8節から187節。羊飼い達にこの素晴らしい救い主のお生まれのメッセージが天使により伝えられました。また、天使の賛美とメッセージを見聞きした羊飼い達が家畜小屋の飼い葉桶に寝かされている御子を見つけ礼拝しその事を人々に伝えた事を記しています。それは天来の賛美と神から与えられたメッセージが羊飼い達に感動と行動力を与え、また実際にメシヤなるキリスト様に会った彼らが見下げられた職業である事を忘れ大胆な証人になった事を私達に語っています。


今日のメッセージの一つ目は歴史を動かされている神が王の心もご自身の手の中で思うがままにご自身のご計画実現の為に用いられるお方である事です。
 2012年も後わずか、今年の10大ニュースも発表されます。アメリカではオバマ大統領が再選され、中国では習近平氏、日本は阿部さん、韓国では朴槿恵女史と新しい主宰が生まれました。しかし、どの国にどのような元首や統治者が現れようと彼らは全て主の主王の王である方の手の中に握られているのです。全ての道はローマに通じると言われた世界がローマのものと言われた時代にも御子の誕生の為にローマ皇帝の命令までも用いられたのです。今の時代も全ての国家権力が神のご計画の中にある事を覚え畏れないで主を見上げて生きて行かなければなりません。

(例話1)中国の思想・キリスト教の締め付けを通して今や1億人ものクリスチャン人口になっ事実。

 第二番目のメッセージは、最低の場所にお生まれになり卑しめられ低められた主を思い、私達も謙らされた時や卑しめられた時はその事を感謝する者になりましょう。また、主・イエスさまの誕生は約700年前に預言したミカの預言が実現することでもあります。聖書の神の言葉は真実であり必ず成就するのです。「神は人ではないから、偽ることはない。人の子ではないから、悔いることはない。言われたことを、なされないことがあろうか。告げられたことを、成就されないことがあろうか。」と民数記23章19節に記されています。
(例話2)宮城刑務所の独居房にいるSさんは山口組系の組織に入っていて強盗傷害罪その他多くの罪で獄中にいる。しかし、あるクリスチャンに差し入れられた聖書を読み、張
り付けにしようとする兵士に「父よ彼らを赦したまえ」と祈られた主を知った時自分の罪を悔いキリスト信者になり牧師伝道者になりたいと決心し、刑務官に馬鹿にされようが堂々とキリスト信者の証を始めた。

 第3番目のメッセージは、神様により与えられた感動は人を動かし、偏見を取り除き、今まで来た事も聞いた事も思い浮かんだ事もない生き方を与えるという事です。
 あの羊飼い達は、当時最も嫌われ馬鹿にされていた職業でした。人にそのように見られるだけでなくおそらく自分でもそのように感じて羊飼い達は生きていたのです。ですが、天使からのメッセージと天使達の賛美を見聞きし、家畜小屋で飼い葉桶に寝かされているみどりごの救い主を見た時に彼らの生き方考え方が変わりました。救い主が汚く人に見向きもされない場所で生まれられ寝かされていた事は、まるで羊飼い達のように人々から見下げられた人々の為にも生まれらた事を体験として知ったのです。それで、自分たちの見聞きした素晴らしい出来事を人々に臆する事なく大胆に証言したのです。私達も神様より誰も否定できない力強い語りかけと感動を受けるなら自分を忘れ自分を少しも気にせず人を恐
れる事なく大胆に主の証人になるのです。
(例話3)エリヤは命を付けねらう王を恐れ隠れて生きていたが主にあってカラスに養われる体験をした後はカルメル山で大胆な証をし民に天から火を下された主に帰るように説教した。


 充分に説得させる方法で主なる神様が貴方をご自身のご計画の遂行に用いたいと願っておられる事を思いつつ新年を迎えましょう。
 魂の目が開かれて毎日感動溢れる主の語りかけを受け取られるように内住の聖霊様に毎日啓示の光で御言葉を照らしていただきましょう。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/

メリークリスマス。
昨日12月23日は栃木県の塩谷町キリスト教会で町民クリスマスとした演奏会を持たせて頂きました。
 ホワイト・クリスマス、ブルークリスマス、もろびとこぞりて、グリーンスリーブス、オーホーリーナイトといったクリスマスの曲と川の流れのように、北国の春、雪は降るといった歌謡曲等、クラシックではラッシャキヨピアンガ、賛美では光の主をアイリッシュハープやオカリナ、テナーサックス・ソプラノサックス、ピアノ、ソプラノで演奏しました。
 サンドイッチのように曲と曲の間に教会の存在目的や妻のあかしを入れ1時間半があっという間に終わりました。近くの今一教会や1粒教会からも参席してくださいました。また新来会者もあり嬉しい時を持たせて頂きました。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
栃木県栃木市倭町11-16 〒328-0037

2012年12月20日木曜日

2012年12月16日、日曜日は勝利教会春日部チャペルで奉仕させて頂きました。
音楽は
・O' Holy Nightを藤和子のピアノとソプラノ
・Lascia Ch'io Piangaを藤和子のアイリッシュハープとソプラノ
・グリーンスリーブスを藤 正信のオカリナと藤 和子のソプラノ
・The First Noelを藤 正信のオカリナ
をさせて頂きました。
メッセージは
「マナセに見る主にある人生回復の7つのステップ」(2歴代誌33章)でした。
下記の勝利教会春日部チャペルのホームページにも載せて頂いています。
http://syoori.exblog.jp/

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
栃木県栃木市倭町11-16 〒328-0037
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/

2012年12月15日土曜日


奪うクリスマスか与えるクリスマスか?

起:米東部コネティカット州の小学校で14日の午前9時頃、乱射事件が発生し、2つの教室にいた児童20人、校長を含む大人6名の併せて26人が死亡し1人が怪我をした。男は防弾チョッキを着た24歳、銃を4丁持ち学校に押し入って乱射し、事件のあったサンディ・フック小学校の校内で死亡した。犠牲者の中には、教師としてこの小学校に勤めていた男の母親も含まれており、男の兄弟が警察の事情聴取を受けている。この小学校には、630人余りの児童が通っている。アメリカの学校で起きた銃撃事件としては、2007年にバージニア工科大学で男子学生が銃を乱射して32人が犠牲になった事件に続く惨事だとして、全米に衝撃が広がっています。1999年には、西部コロラド州デンバー郊外にあるコロンバイン高校で、2人の生徒が銃を乱射して同級生ら13人を殺害しました。この事件を描いてアカデミー賞を受賞したマイケル・ムーア監督の映画「ボーリング・フォ-・コロンバイン」は、アメリカの銃規制の在り方に疑問を投げかけた。アメリカでは銃の乱射事件が起きるたびに、銃規制を求める声が高まるものの、賛成と反対で社会が二分していて、銃の規制強化は進んでいない。

承: クリスマスのこの時期に多くの人は自分に注意を向けて欲しい、自分を可哀想だと思って欲しい、自分を愛して欲しい、そういう思いから事件を起こし人に愛情を求め、あるいは人に危害を加える人が多い。人の心につけ込みプレゼントを強要するのもそうした思いからかも知れない。これは まさに奪うクリスマスだ。
今年も押し迫った12月29日の昼、栃木市の瀬戸河原公園で栃木市にいる生活困難者に対して炊き出しと衣類の提供が行われる。主催は教会ではなく栃木市と栃木市社会福祉協議会、等で城内の栃木キリスト教会の役員である田上さんが実行委員長だ。会場では生活・借金・就職相談も行われる。私も亀山兄弟と一緒に応援に行く。これはキリストの愛を示す、与えるクリスマスだ。
転:このクリスマスの時に主なる神様からのプレゼントを覚えよう。私達の天の父は良いお父であられるから良い贈り物をくださる。「あなたがたのだれが、パンを欲しがる自分の子供に、石を与えるだろうか。魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか。このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして、あなたがたの天の父は、求める者に良い物をくださるにちがいない。」(マタイによる福音書  7章9〜 11節)。
御父は不安や恐れではなく安らぎを与えてくださる。「わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える。わたしはこれを、世が与えるように与えるのではない。心を騒がせるな。おびえるな。」(ヨハネによる福音書 14章 27節)
「わたしは彼らに永遠の命を与える。彼らは決して滅びず、だれも彼らをわたしの手から奪うことはできない。」(ヨハネによる福音書 10章 28節)
御父はご自分の御子イエス様をも下さった。御子と一緒にどんなものでもくださる。「わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜しまず死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか。」(ローマ8:32)
結:天の父のように与える人になろう。「盗みを働いていた者は、今からは盗んではいけません。むしろ、労苦して自分の手で正当な収入を得、困っている人々に分け与えるようにしなさい。」(エフェソの信徒への手紙 4章 28節)。
惜しむ心からでなく喜んで与える者になりましょう。「善を行い、良い行いに富み、物惜しみをせず、喜んで分け与えるように。」(テモテへの手紙一 6章 18節)
ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp

2012年12月11日火曜日



 最新のクリスチャン情報ブックに載せた紹介です。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
TEL : 0282-25-1427
携帯 : 080-6562-1427
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/

2012年12月9日日曜日


「主にある年末年始を迎えるために」

起:年末なので来年からの木工と革工芸の為に整理した。まだ使えるエレクトーンが邪魔になった。私はどうしようかと思いあぐねて得た結論は壊して燃やそうとした。妻が祈ると羽賀先生が持っていってくれた。また、主に頼った妻にしてやられた。
「お前たちは、立ち帰って静かにしているならば救われる。安らかに信頼していることにこそ力がある」(イザヤ
書30:15)。

承:私達の思い計画する事は全て主も関わってくださる事を知らなければならない。
 教会の事とか宣教活動の事以外の全くプライベートの事であっても。
 昨年も今年も新しい年もその始まりから終わりまで主をすべてに認めていけば必ず最良の年になる。自分だけでやるとろくな事はない。
 主に自分の魂を明け渡し、全ての良い物を御子と一緒に賜う主に自分の能力も時間も富も放棄する位の気構えで迎えるなら勝利の年が待っている。


転:①過去・現在・未来に万能の主を覚えていこう
アブラハム・イサク・ヤコブの神は死んだ者の神ではなく活ける者の神であり、あなた方のただ中におられると約束され、世の終わりまでいつもあなた方と共にいると約束されている。
イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変ることがない。」(ヘブル人への手紙 13章 8節)
『神である主、今おられ、かつておられ、やがて来られる方、全能者がこう言われる。「わたしはアルファであり、オメガである。」』(ヨハネの黙示録 1章 8節)

②最初であり最後であるお方と新しい年をスタートし完成させよう。
「また、わたしに言われた。「事は成就した。わたしはアルファであり、オメガである。初めであり、終わりである。渇いている者には、命の水の泉から価なしに飲ませよう。」(ヨハネの黙示録 21章 6節)
「わたしはアルファであり、オメガである。最初の者にして、最後の者。初めであり、終わりである。」(ヨハネの黙示録 22章 13節)
「はじめに神は天と地とを創造された。」(創世記1:1)

③主にあっては闇があって光が来る事を覚えよう。
ヨブは多くの苦しみに会ったが後には倍の財産を得た。
ダビデは自分の主人に命を狙われるような苦しみを通ったが後に誰も憧れるような偉大な王となった。
モーセは40年間荒野で生活したが次の40年は主と顔と顔を合わせるような偉大な指導者になった。
ヨセフは兄弟に売られ無実の罪で牢獄に閉じ込められていたがエジプトの総理大臣になり家族や一族を養うものとなった。
ペテロは3度も主を裏切る者であったが後には逆さ十字架で殉教できる信仰を持つようになった。
教会は長い暗黒時代を通ったがマルチンルター以後聖霊復興の時代となっている。
日本のキリスト教も長い迫害時代を通ったが主の光の中で希望と栄光の時間を過ごし始めている。
夕べがあり、朝があった。」(創世記1:5、8、13、19、23、31)


結:主とともに年の瀬を過ごし、主と共に新年を迎えよう。
新しい年は、主を人生の全てと生活の全てと与えられたものの全てに主権を認めていこう。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/