ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2012年4月23日月曜日

御霊の実を結ぶために

聖霊の実と聖霊の賜物:
 福音派の教会は御霊の実ないし品性の重要性を主張し、聖霊派の教会は御霊の賜物の重要性を強調する。9つの御霊の賜物はキリストがご自身の御体である教会に分け与えられるものである。9つの御霊の実はキリスト者が自分で開発し時間をかけて成長して結実していくものである。両者共同様に重要なのであり求めて行かねばならぬものである(1コリント14:1)。
 また、両者はキリストの御体である教会の土台となるもので9つの務め(使徒、預言者、伝道者、牧師、教師、長老、執事、治める者、助ける者)の下に教会を形作るものである。


 御霊の実は愛、喜び、平和(平安)、寛容、親切(慈愛)、善意(善良)、誠実(忠実・真実)、柔和、節制(自制)である(ガラテヤ5:22、23)。


 御霊の実の本質は
1:霊的(内なる人の)成熟さの現れ
2:神と人への献身の現れ
3:内住の御霊・キリストの清さの現れ
4:キリストの花嫁としての純潔さの現れ
5:教会のリーダーとして召されているかの現れ
である。
1コリント:12によれば、御霊の賜物についてはキリストが神の子供達に与えるものである。これに対し、聖霊の実はキリスト者が自分で開発していくもの時間をかけて成長して結実していくものである。
如何に開発されていくかについて主は明確に教えられている。「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただ一粒のままである。しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる」(ヨハネ12:24)。御霊の実を豊かに結ぶ為に必要な事は死ぬ事である。自分を捨て、日々自分の十字架を負ってキリストに従って生きて行く事である(ルカ9:23)。

:愛を結ぶ為に
 自分の持っている優先順位に死ぬ事である。良きサマリヤ人は追い剥ぎに襲われ半死半生の人に、傷を油と葡萄酒を注ぎ、包帯をし、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行き、完治するまでの介抱代を払った。自分の時間と貴重な油と葡萄酒と金を犠牲にしたのである。隣人の為に自分に死んだのだ(ルカ1025~)。自分を愛するように隣人を愛せよと主は命じられた。ユダヤ人が嫌っているサマリヤ人のように日頃嫌っている人に学ぶ事もまた自らの優先順位に死ぬ事である。

い:喜びの実を結ぶ為に
物質の世界に死ぬ事である。ピリピの教会は貧しかったが喜びに溢れてパウロに捧げ物を贈った(ピリピ4:18)。
 この世的な物に死ぬ時に魂は喜びの実を結ぶのである(マタイ6:25~)。
う:平安の実を結ぶ為に
 問題を片付けなければならないという思いに死ぬ事である。何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろう」(ピリピ4:6、7)。できる事とできない事がある事を悟る事である。
え:寛容・忍耐の実を結ぶには
自分のタイミングに対して死ぬ事である。全ての事に時がある。神の時がある(伝道者の書3:1~11)。自分の時を主張する時、魂は主に逆らい始めるのである。 
お:親切・慈愛の実を結ぶには
親切・慈愛は態度であり、善意は行動である。両者を一緒にして考える。この両者の実を結ぶ為には、自己中心的な態度に死ぬ事、自分自身の利益と必要に死ぬ事である。
か:誠実・忠実の実を結ぶ為に
 プレッシャーを受けながらも信じ続けて行くこと、自分自身の力に死ぬ事である。自分の力こそ信仰の妨げ、神の業を妨害する存在である。
き:柔和の実を結ぶ為に
神への間違ったリアクションに死ぬ事、自分の期待に反する事が起こったときの不平に死ぬ事である。
く:自制の実を結ぶ為に
 肉に死ぬ事である。「肉に従って生きるなら、あなたがたは死にます。しかし、霊によって体の仕業を絶つならば、あなたがたは生きます」(ローマ8:13)。肉に死んでいないと罪の誘惑に引き寄せられる。御霊により肉に死ぬ事が重要である。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
栃木県栃木市倭町11-16 〒328-0037
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
携帯 : 080-6562-1427
TEL : 0282-25-1427
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
email:MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp

 




0 件のコメント:

コメントを投稿