ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2011年12月11日日曜日

2種類の祈り

 

「では、どうしたらよいのでしょうか。霊で祈り、理性でも祈ることにしましょう。霊で賛美し、理性でも賛美することにしましょう。」(1コリント14:15)。


祈りには2種類ある。知性あるいは理性の祈りと霊の祈りである。知性の祈りはサタン・悪霊も聞く事ができるので祈る人物に祈りを妨げたりその祈りに攻撃をされる可能性がある。ヨシュアはエリコの城壁の周りを回る民に「わたしが鬨の声をあげよと命じる日までは、叫んではならない。声を聞かれないようにせよ。口から言葉を発してはならない。あなたたちは、その後で鬨の声をあげるのだ」と命じた(ヨシュア記  6章 10節)。それは敵に戦い方を知られない為であった。

霊の祈りはサタン・悪霊に内容を知られずまた神と深く交わる事ができ「絶えず祈る」( 1テサロニケ5:17)事を実現でき素晴らしい「どんな時でも御霊によって祈り」(エペソ人への手紙 /6章 18節)。「わたしが異言で祈る場合、それはわたしの霊が祈っているのですが、理性は実を結びません。」(1コリント14:14)。かつてミンダナオの日系人フィリピン人牧師のタオ師が私共の教会に来た。いろいろ交わっている時に彼は「私は食事している時もどんな時も主と交わりをしている」と語った。これが霊により絶えず祈っている事である。異言の祈り、霊の祈りをもっとしていこうではないか。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
栃木県栃木市倭町11-16 〒328-0037
携帯 : 080-6562-1427
TEL : 0282-25-1427
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
いのちのことば社の紹介http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
email:MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿